昨日の朝、出勤してきたスタッフが9時前に帰った。
委託業者のパートさん。
妙齢のおばさま。

若いチーフのメンタルに振り回されて、彼女の声を聞くとからだが震えて拒否反応を示した。
そこまで落ち込んだ原因のひとつは、今年の春に契約職員で入った人のポカ休。

当日、彼女が出勤してから「今日休みます」の連絡が入る事がストレス。
主婦なので、朝から段取りしてある家事の都合がダメになる。
半日勤務のシフトの日なので、お弁当も持ってきていない。

自宅にいったん帰るか、コンビニ弁当。
コンビニ弁当は口に合わなくて、私の調味料(マヨネーズやお醤油など)を分けてあげた。
扶養の範囲内で働いているのに、勤務時間数をオーバーしている。

週末はご主人が勤務なので、4時起きでお弁当を作る。
彼女に休息日はない。
疲れが溜まっていることが、落ち込む最大の理由だと思う。

1週間くらい休んでゆっくりした方がいい、と言ってあげた。
私に愚痴っているうちに笑顔になった。
とりあえず、元気に帰宅した。

北海道は初冬の季節になり、それだけでもデリケートな人は鬱傾向になる。
ご主人は、そこまでして働く必要はないとのこと。
パートなので、退職の申し出は2週間前でいいという。
あとは有休を消化するだけ。

辞めるのも、よい解決方法だと思う。

今年の春、若いチーフからいじめのターゲットにされていた女性が辞めて行った。
3年間働いてくれたし、気の利く明るい働き者だった。
うちに来る前は、農家の手伝いをしていた。
また、そこに戻るという。
体力には自信があるし、精神的なストレスがなくていいのだと。

欠員補充の人が、お子さんが小学生ということもあって、とにかく月曜日によく休む。
予定の休みは事前に調整できるが、当日ポカッと休まれると、他のメンバーに負担がかかる。
会社側は、コントロールできていない。

いじめの問題も、何ひとつ解決せず、彼女らの管理者は自己保身の嘘をつく。
病院から実情について報告し、対処して欲しいと要求したら、それをそのままスタッフに全部言ってしまった。
火に油を注いで、どうするのだ。

問題が大きくなると、病院からは何も言われていないと開き直る。
所長の肩書がなくなっており、来春で定年退職の予定。

3年前にも長年勤めたスタッフが急に退職した。
勤務場所のフロアが移転し、新しい器機が増えて、作業の内容も少し変わった。
すると、時間内に仕事が片付かないと不満が出る。
「どうやるのか、やって見せてください」
と、私に迫ってきた。

朝から1日一緒にいて、逐一仕事の優先順位や段取りを指示した。
すると、3時にお茶を飲んで、5時にはきっちり帰れる状態で仕事が片付く。
彼女は、長年の「自分のやり方」を臨機応変に変更することができないのだ。

今やらなくてもいい仕事を必死にやっているから、どんどん他の仕事が溜まってゆく。
しまいに手首の腱鞘炎で労災申請した。
なのに、昼休みは趣味の編み物をしている。
有り得ない。

そうこうするうちに「人を増やしてくれないなら、辞めます」とブチ切れたらしい。
そういうことは、会社が決めて対応すること。

その日のうちに、所長が飛んできた。
「どうしましょう」と泣きつかれても、私は遺留する気はない。
「どうぞ、辞めてもらって結構です」

すぐに彼女にその旨が伝えられ、ガタンバタンと私物を整理して、挨拶もせずに黙っていなくなった。

翌日から所長がヘルプに入った。
仕方がないので、私が所長に一から仕事を教えた。
ミスが多く、ずいぶん物を壊された。
叱りはしないし、弁償も求めなかった。

私なら、彼女たちの2人分を1人で働ける。

補充の人が入るまで、手伝った。
本来は、委託業者に私が直接指導をしたり、まして手伝うなんてことはしてはいけない事。
3月だったので、実習は終わっており臨床もさほど忙しくない時期なのが幸いだった。

4月から、新人が2人入った。
会社は0.5人増員した。
しかし、年度の契約金額は変更なし。

その時、フルタイムで採用になった人が今年の春に辞めてしまったのだ。

チーフの女性は独身。
もう10年近く働いている。
親子ほど年の離れたおばちゃんと働いている時は、普通だった。

しかし、自分がチーフ的な存在になると、急に偉くなってきたらしい。
「らしい」というのは、私は現場を見ていないから。
自分よりも年上のおばちゃん達に、辛く当たる。(らしい)
私には、いつも笑顔で礼儀正しい。

今、来年度からの委託業者を変更したくて交渉中。
問題は、契約金額。
同じ人員を配置すると、どうしても人件費が少し高くなる。
そうすると、法人は首を縦に振らない。

中央滅菌材料室の管理ができる職員は、私しかいない。
その私が定年退職を控えている。
有資格者がいて管理・指導体制がしっかりした業者に引き継いでもらいたい。



ありがとうございます。
嬉しいことがありましたか?
何回笑顔になれたでしょう。
今日も、あなたの幸せを願って。
りょうこ

11月1日誕生色 らくだ色 #bf794e|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ11月1日誕生色 らくだ色 #bf794e|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ