google-site-verification: googlef91170353ec39d61.html

笑顔と涙よ、こんにちは

長女、妻、母、看護師、第1種滅菌技師である私の日記ブログです。 願いは行動すると叶う。 実感中。

タグ:第2種滅菌技士



昨日、中材ブログを更新しました。
2020年度の認定講習会のご案内が公開されています。
滅菌供給業務にたずさわっている方は、是非チャレンジしていただきたい。
仕事のモチベーションがあがり、現状を分析・改善できる能力の基礎を学べます。
社会的な評価と自信につながるので、挑戦する価値が高いです。

第1種滅菌技師を目指す方は、必須の資格です。
今年合格したら、来年は第1種滅菌技師にチャレンジできます。



テキストの改訂第4版をお持ちの方は、9月頃に改訂第5版が刊行予定ですので、最新版の購入が必要ですので、ご注意ください。


ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ





mekkingishi-nurse.hatenablog.jp





平成25年と平成26年の北海道中材業務研究会の資料が残っていたので、読み直してみました。

研究会を立ち上げた北大病院の山口婦長さんの熱意で運営されていた頃が、懐かしいです。
一度だけですが、総会の議長団として登壇したことがありました。
いつのまにか、総会は行われなくなっていますが。


3年以上経った古い資料はどんどん捨ててしまうのですが、なぜか残っていた貴重な2冊。


その中に、研究会の歴史が刻まれていました。


私が第2種滅菌技士の認定を取得したのは2003年です。

日本医療機器学会が認定制度を発足した年でした。




北海道中材業務研究会が発足したのは平成7年1995年。

たぶん、2004年の第19回あたりから参加するようになって、ずっと継続しています。


4年間で30単位の受講が必要なので、まじめに研究会に参加していれば、何回か都合が悪くて参加できなくても無理なく北海道内で30単位を取得することが可能です。



今年の6月には第49回、秋には第50回を迎えます。


資料では第39回(平成26年:2014年)までの履歴しか記載されていません。

第50回開催を迎えるにあたって、何か節目の記念行事があってもよいのではないかと思います。




この資料の頃は、前回のアンケート用紙の集計結果や、Q&Aの質疑応答の内容も記載されていました。



手元に残してある資料は、第44回(平成28年:2016年)からですが、Q&Aはなくなっておりアンケートの集計結果だけになっています。

第45回(平成29年:2017年)からは、アンケート結果もなくなりました。

資料の厚さも約半分で、年々薄くなっているようです。



おそらくQ&Aが記載されなくなった頃だと思うのですが、北海道中材業務研究会が、スタンダードな洗浄・滅菌の業務マニュアルを冊子で発行して欲しいという要望をアンケートに書いた記憶があります。(リアクションは無し)

長年参加していて、参加者がまったくの初心者と中堅以上の方々に二分されているように感じています。

「初心者」向けの基本的な部分を手厚くカバーできる「業務マニュアル」のひな型があれば、マニュアルなしで日々の業務に追われている多くの施設の方々の役に立つのではないでしょうか。



第1回中材業務勉強会(基礎編)が、平成26年(2014年)から開催されています。
そこで使われるテキストが、シンプルな業務マニュアルになるのではないでしょうか。

2020年に日本医療機器学会が新しいガイドラインを発行する予定なので、その内容を反映したものができたら嬉しくないですか?



北海道中材研究会は、平成24年(2012年)の夏に研究会開催日とは別に郵送で独自のアンケート調査を行っています。

アンケート配布数:577通
アンケート回収率:50.6%

<質問内容>
  ・施設の病床数
  ・回答者の職種
  ・中央化の状況
  ・感染管理認定看護師の有無
  ・滅菌技士/師の有無
  ・滅菌業務形態
  ・滅菌器、洗浄器の所有台数
  ・インジケータの使用状況
  ・リコールの経験、リコールマニュアルの有無
  ・洗浄時の防護具の使用状況
  ・洗剤の種類
  ・ゾーニング
  ・包装材の再使用の状況
  ・今後取り組みたい課題

このような内容で、結果が考察されています。


科学の進歩に応じた世界レベルでの変化をキャッチすること。
中材職員の教育の問題。

これらは不変のテーマですが、最近問題に感じることは、ある程度のレベルに達した施設が、専門知識のない事務方職員の独断で質を低下させられている現実があります。

いくら要望しても、高額な器機は購入してもらえない問題もあります。

このような、病院等の運営にかかわる影響力を維持・拡大する方向の努力が必要だと強く感じます。




中材の業務形態も、自施設での雇用から外部委託や院内委託にシフトしており、委託業者のレベルも高水準を維持しなければなりません。

丸投げでますます無関心になっては、困るのです。


感染管理認定看護師は、私たちのような洗浄・滅菌の専門知識はありません。
認定を取得してから、個人的な興味・関心・必要性による独学に頼るしかないでしょう。

感染管理に係る相談はできますが、現場の実践レベルでの内容は、やはり自分たちで解決しなければなりません。

中材業務研究会は、そのための力強いパートナーであり続けて欲しいと思います。




ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ





www.ryokoblog.com


 


www.ryokoblog.com





「第26回機器と感染カンファレンス」
2018年7月28日(土)
北海道大学医学部学友会館「フラテ」ホールにて開催されました。



mekkingishi-nurse.hatenablog.jp




6月に立ち上げる予定だったブログを、ようやくスタートさせました。


毎日更新は、今のところちょっと無理です。

カテゴリーのリストアップができたので、書けるところから地道に追加してゆく予定です。

2020年のガイドライン改訂までになんとかできればいいかな、と思っています。


SNSは個人的な非公開しかやっていないので自分からシェアはしていません。
検索流入の様子をチェックしていきますね。



ありがとうございます。

嬉しいことがありましたね。
たくさん笑顔になれたでしょう。

今日も、あなたの幸せを願って。

りょうこ

flowcare.hatenablog.com



flow-care.com


flowcare.hatenablog.com


flow-care.com

土曜日は、北海道大学のフラテホールでセミナーでした。

大阪から高名な先生がいらしていて、感激です。
第1種滅菌技師の学科試験の後に、お疲れさまと声をかけたら「受かるといいね」と言ってくださった高階先生。


DSC_2885

ここの噴水は、水が出ていなくて、ちょっと残念。

DSC_2886


DSC_2884

会場内は冷房が効きすぎて寒い。

休憩時間に外のベンチでひなたぼっこ(笑)


DSC_2887

ひとなつっこいカラスが、悠々と歩いていきます。

時間があったので、中央食堂に行って熱いピリカラーメン350円を食べて、あたたまりました。

DSC_2888


7年間北大の構内で暮らしていた頃とは、ずいぶん変化しています。

当時は、このフラテホールもなかったから。

でも、歩道は木陰で涼しいし、風にそよぐ葉音が心地よい。

それは変わりませんね。


DSC_2879


DSC_2880


DSC_2881


DSC_2882

この噴水は、最高です。


 DSC_2883



ありがとうございます。

嬉しいことがありましたね。
たくさん笑顔になれたでしょう。

今日も、あなたの幸せを願って。

りょうこ

flowcare.hatenablog.com



flow-care.com


flowcare.hatenablog.com


flow-care.com

第2種滅菌技士認定制度は、一般社団法人日本医療機器学会滅菌技士認定委員会の活動です。
一般社団法人医療機器学会 第2種滅菌技師認定制度について
以下、引用

【目的】
医療施設に関連した滅菌供給の知識と実践に優れた技士を養成し、学会として認定することにより、人類の健康と福祉および医療の安全に貢献することを目的とします。


【滅菌供給業務とは】
滅菌供供給業務は、病棟、外来など医療施設の臨床現場からは見えにくい場所で行われており、現場に供給された滅菌器材は何の心配もなく安心して患者に適用されています。このように滅菌器材が安心して使われているかげには、目立たぬ場所で常に厳しいリスク管理のもとに遂行されている中央の滅菌供給業務があるわけです。


【認定資格の意義】
この滅菌供給業務の中心となって日常業務を行っているのは、何ら特別な資格を持たずに、滅菌現場での永年の経験によって滅菌技術を習得した医療職員が殆どであります。これらの職員はこれまで、縁の下の力持ちとして資格のないままに定年退職を迎えてきました。
このような現状を鑑みて、滅菌業務現場からの強い要望もあり、2000年より日本医療機器学会第2種滅菌技士認定制度を発足させました。


【認定資格要件】
1.日本医療機器学会の正会員であること
    *受講後の認定申請と同時に日本医療機器学会に入会してもよい
     初回は入会金1000円と年会費8000円が必要
2.滅菌供給に関わる業務等の実務に通算3年以上携わっていること
3.日本医療機器学会が作成した「医療現場における滅菌保証ガイドライン」の内容を理解実行できること
4.第2種滅菌技士認定講習を修了していること

【テキスト】
「改訂第4版 医療現場の滅菌」 へるす出版   *各自購入

【受講・受験方法】
1.講習会開催地域の確認 *ホームページ
2.事前に「一般社団法人日本医療機器学会滅菌技士・師認定制度規則」を読む
3.申込書の提出:郵送またはFAX *受講年度の申し込み書:ホームページPDF
   ①第2種滅菌技士認定申請書
   ②履歴書
   ③滅菌供給業務に関する活動および活動記録
   ④所属施設長の推薦状
   ⑤参加費(郵便局または銀行の振り込み用紙のコピーを貼付):11000円
4.定員になり次第締め切る
5.折り返し受講票の送付

【講習日程・プログラム】
学会のホームページで確認してください。
講習の最後に試験があり、1日で終了します。
全国で開催されますが開催地が限られており、地域によっては数年ごとの開催となります。

2019年度は、福岡(11/30)、大阪(12/14)、横浜(11/23)の開催となります。
北海道は2016年に札幌で講習会・試験がありました。
5年ごとに開催されるようです。

【初回認定料】
学科試験に合格したら認定申請書類と請求書がが送られてきます。
20000円の認定料を振り込みます。
(認定申請書類に「学会員の推薦書名」欄がありますが、該当者がいなければ空欄でもかまいません)

【認定の有効期間と更新】
認定の有効期間は4年間です。
認定期間満了日からさかのぼって1ヵ月前までに規定の書類を添えて申請します。
1.第2種滅菌技士更新申請書
2.認定期間中の業務経歴
3.認定期間中に取得した所定研修単位の証明書
4.認定更新料(郵便局または銀行の振り込み用紙のコピー)*更新の都度20000円

取得単位の証明は、研修会等の受付で認定番号と氏名を記入した用紙を提出し「受講証」を受け取って保管しておきましょう。
きちんと受付されていれば、自分の取得単位は学会のマイページで確認できます。
中間に1回ほど取得単位の確認の案内が届きます。
単位が取得できる講習会等は、学会ホームページでご確認ください。

【認定資格の喪失】
以下の自由に該当したとき、認定資格を喪失します。
1.正当な事由により認定資格を辞退したとき
2.日本医療機器学会正会員資格を喪失したとき
3.申請書類に虚偽が認められたとき
4.所定の期日までに認定更新の手続きを行わなかったとき
5.第2種滅菌技士としてふさわしくない行為が認められたとき

【認定費用の総額】
受講料:11000円
医療機器学会正会員入会初年度:1000円+8000円 
認定料:20000円
テキスト代:4104円 *2018年4月現在
<合計>44104円 この他に昼食と交通(宿泊費)等が必要です。
*学会の年会費は、集金を委託しているので手数料が加算されます。(8205円)
 その他は、直接指定された口座へ振り込みます。

【認定更新の要件】
1.認定取得後、4年間引き続いて医療現場の滅菌供給に関わる業務等に貢献してきたこと
2.認定取得後、学会が指定する所定取得単位を30単位以上取得していること
   *65歳を超えた者は、上記の1.を満たしていれば更新申請できます
3.4年間継続して日本医療機器学会の正会員であること

【更新費用】
1.4年間で30単位以上を取得するための研修会参加費用
 札幌で中材業務研究会1回5単位:2000円×6回で計算すると12000円
 これに、昼食、交通費(宿泊費)がかかります。
2.認定更新料:20000円
3.医療機器学会年会費8000円×4=32000円 
<合計>64000円+α

この他に30単位以上研修会や学会等に参加した場合は、その分の費用が加算されます。




ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ




mekkingishi-nurse.hatenablog.jp



www.ryokoblog.com


 


www.ryokoblog.com





↑このページのトップヘ