google-site-verification: googlef91170353ec39d61.html

笑顔と涙よ、こんにちは

自分に気づく。そこから行動が変わり、気持が楽になっていきます。ため息は心の深呼吸。ちょっぴり上を向いて笑顔になりませんか?

感謝

DSC_1827

6時誓いですが、まだこの明るさです。
日が沈みきっていません。

気温もずいぶん温かくなってきました。
日中はかなり前から暖房が不要でしたが、夜も暖房を入れずに過ごせるようになってきました。

庭の雪も、日に日に少なくなっていきます。

北海道の春は短いけれど、一気に生命が芽吹いて喜びとエネルギーにあふれています。
季節のくり返しが、過去も未来も続いて行くのでしょう。

太陽の恵みにも感謝。
生きるためのエネルギーとストレスを与えてくれる太陽。
人間は、ストレスが無くなると生きて行けませんから。
何らかの刺激に反応して生命活動を維持しているのです。

北海道に生まれた事にも、感謝ですね。



ありがとうございます。

嬉しいことがありましたね。
たくさん笑顔になれたでしょう。

今日も、あなたの幸せを願って。

りょうこ

ワクワクして愛される町 砂町銀座商店街 - 砂町銀座商店街 ワクワク楽しむナビゲーション *非公認*ワクワクして愛される町 砂町銀座商店街 - 砂町銀座商店街 ワクワク楽しむナビゲーション *非公認*

ようこそ、砂町銀座商店街の応援ブログへ!略して「砂銀ワクナビ」と呼んでくださいね。砂銀の魅力をお伝えできるよう情報発信していきたいと思っています。「こんな情報も...



366日の誕生色:月別もくじ|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ366日の誕生色:月別もくじ|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ


色に魅せられて 心とからだの秘密 もくじ|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ色に魅せられて 心とからだの秘密 もくじ|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

さあ、何回目の結婚記念日でしょう。

1986年3月21日が結婚式でした。
式場のホテルに一泊して、翌日からハワイへ新婚旅行。
ベタな展開ですな(笑)

ハイアットリージェンシーホテル、ツインタワーのクラブフロアに宿泊。
エレベーターは専用の鍵がないと、上層階には行けない。

ホールにフルーツやお茶が常備されており、バーや朝食ルームも無料。
部屋には、ココナッツの大きなクッキー。

ホテルのプールで泳いだ。
ビーチには行かなかった。
イルカショーとか、ハワイ島へ観光。
お約束の、サンセットクルーズ。
移動の飛行機は、日本人のカップルばかり。

バスにのって、アラモアナショッピングセンターへ。
バスの運転手さんに「Can you speak Japanese?」と尋ねると、思いっきり「NO!」

ワンドリンク付きのクラブに入ろうとしたら、ダーリンのスニーカーがドレスコードでアウト。
その辺のお店で靴を買った。
外税の計算に戸惑う。
当時は15%。

コンビニは、レジカウンターが高くて怖かった。
防犯対策?

ホテルで両替すると、ものすごく丁寧に紙幣を数えて見せてくれた。
まるで小学生並みだな。
小柄な日本人は、そんな風に見えるのかしら。

フロントで鍵をもらう時、ルームナンバーを言うだけなんだけど、なぜかダーリンが話すと通じない。
フロントマンは、眉をひそめて首をかしげる。
バスもタクシーもレストランも、全部わたしが話した。
つたない英語で。
それでも通じるのにね。

朝食ラウンジで働く女性に、お腹の大きい人がいた。
予定日はいつかって、どうやって聞くのだ?
でも、通じたね。
5月だって。
その子も、もう32歳かぁ。

朝食は、色々なパンとヨーグルト、フルーツに牛乳やコーヒー。
ヨーグルトは、日本のあっさり系とは違って、ものすごく濃厚でいろんなものが入っていた。
ダーリンは飲めない人なので、バーには行かなかったよ。
今にして思えば、もったいなかった~。

帰国して、休む間もなく勤務。
休暇が7日間しか取れなかったから。
結婚式の前日まで仕事して、帰った翌日からまた仕事。

披露宴の準備が大変だった。
ダーリンの側の発起人が、口うるさい偉い人ばかりで、文句は言うけど自分で何もしないタイプ。

結局、招待状は全部わたしが手書きする羽目になった。
そして、発起人はリストと照らし合わせて確認してから投函するのだと。
まだワープロもPCもなかった時代。

わたしよりも、ダーリンの方がゴタゴタでマリッジブルーだったみたい。

披露宴は、あっという間の2時間だった。
あんなに長い時間をかけて準備したのに。
本当に一瞬で終わる。

お見送りの金屏風の前で、花嫁は満面の笑み。
新郎は、号泣。
飲めないビールをむりやり飲んだせいもあるだろう。

お酌されたビールは、全部飲んだ。
だって、喉がカラカラだしお腹は空くし。
テーブルに並べられた形だけの料理は、手を付ける暇がない。

あれから32年。
両親と暮らした18年間よりも、ずっと長く一緒にいる。

夫婦2人のアパート暮らし。
長男が生まれて、ダーリンの実家に同居。
娘が生まれ、じいちゃんを見送り、やがてまた夫婦2人の暮らしに戻る。

わたしの癇癪にめげないダーリンに感謝。
わたしがキレると、鬼のような形相で機関銃のようにまくしたてる。
そして、口をきかなくなる。

1ヵ月間、家庭内離婚をしたことがあった。
本当に一言も口をきかず、その間お弁当は無し。
一切目も合わせず、ダーリンが居間にいる時は、家事や食事以外で同席しなかった。

1ヵ月もすると、ダーリンの焦燥ぶりがあまりにも情けなくて、許してあげました。

わたしが原因で、家を出て行けと毎夜罵られたこともあったっけ。
子どもたちにも、ママは離婚して家を出るから、どこで暮らすかは自分で決めなさいと伝えた。
娘の学芸会の衣装が出来上がるまで待ってもらって、ある雨の夜、ついに根負けした。
パジャマから着替えようとしたとたん、わたしの腕をつかんで「行かないでくれ」

自分にも責任があるから、二度とそんな思いはさせない、と。

去年の暮れの交通事故は、「奥さんが死んだ!?」と焦ったそうだ。
そのおかげか、ずいぶんと優しくしてもらっている。
家事も、以前よりも手伝ってくれるようになった。
ありがたいね。

夫婦2人で寄り添う生活が、すぐそこまで来ている。
遠い未来ではなくなった。
あと20年、2人で暮らせるのだろうか。




ちなみに、昨日はうなぎ屋さんで夕食の予定だったのに、ダーリンはすっかり忘れていたようだ。
プンプン怒って口をきかない奥さんを持て余して、しぶしぶうなぎ屋さんへ向かった。
到着したのは、まだ3時。

お腹も空いていないのに、そんな時間に食べられる訳がない。
「連れて行って食べさせればいいんでしょ」
そういう態度が火に油を注ぐということを、まったく学習しないダーリン。
「ごめん、忘れてた」と、まず一言謝るのが先。
それから、いつ仕切り直すか約束すればいい。

足のケガがなかったら、うなぎ屋さんの前で車を降りて、店には入らず一人でJRで帰宅していただろう。
最寄り駅は徒歩圏内だが、歩く気力がなかった。

とうてい「うな重」は無理だから、肝焼きとかば焼きだけ頼んだ。
ムカついて、お酒を飲む気になんてならない。
かば焼きには、肝吸いも漬物も骨せんべいも付いてこない。
楽しみにしていた「うな重」のセットではないのだ。
一杯やりながら味わう楽しみもない。
・・・最悪。

ダーリンは、季節限定で夏には食べられなかった「ひつまぶし」を食べてご満悦。
食べ終わってもまだ口をきかないわたし。

「買い物して帰る?」と聞かれても返事をしない。
買い物するんだったら、うなぎ屋さんに行く前に買い物でしょうが。
そうしたら、せめて4時に早めの夕食という形になる。
その方がよっぽどマシだったのに。
余計に腹が立つ。

仕事が終わったら、一人でうな重を食べに行こうと思っている。
とりあえずダーリンのお弁当は作ったけれど、今朝も口をきかないわたしでした(笑)

こんな風に、慣れ合いや手抜きにならないようなイベント(ケンカ)が必要。
いつ地雷を踏むかわからない緊張感が大事。


ありがとうございます。

嬉しいことがありましたね。
たくさん笑顔になれたでしょう。

今日も、あなたの幸せを願って。

りょうこ

ワクワクして愛される町 砂町銀座商店街 - 砂町銀座商店街 ワクワク楽しむナビゲーション *非公認*ワクワクして愛される町 砂町銀座商店街 - 砂町銀座商店街 ワクワク楽しむナビゲーション *非公認*

ようこそ、砂町銀座商店街の応援ブログへ!略して「砂銀ワクナビ」と呼んでくださいね。砂銀の魅力をお伝えできるよう情報発信していきたいと思っています。「こんな情報も...



366日の誕生色:月別もくじ|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ366日の誕生色:月別もくじ|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ


色に魅せられて 心とからだの秘密 もくじ|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ色に魅せられて 心とからだの秘密 もくじ|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

10月から実習が始まります。
来月までちょっと忙しい。
今日は、午後からオリエンテーションに行ってきます。
すぐに終わるけれどね。

わが子よりも若い学生達と話すと、楽しいですよ~♪
毎年同じことを話すので、準備とかは必要ないけれど。
しゃべり疲れる。

昔は、1週間預けられたので、気合で実習指導してました。
その分、外来のスタッフは「主任が仕事しない」とブーイングの嵐。
そんなことは全く平気だったけれど。

学生のダイナミックな変化が素晴らしくて、やりがいがあったし。
看護師になりたての頃は、看護学生をよく泣かせていたけれどね。
私もずいぶん未熟でした。

今は、どっしりと構えて大人ですから。
「体格が?」と、ツッコまないように!

人と関わる職業を続けられて、幸せです。
自分のやりたいように、いろんなことをさせてもらった。
ありがたいことです。

ああ、そういえば人事考課の時期でした。
人事課からメールがきていた。
これがまた面倒くさい・・・。
特別な事をしなくても評価用紙が埋まるように作ってはあるけれど。
マンネリ化だし。
なんとかしなくては。



ありがとうございます。
嬉しいことがありましたか?
何回笑顔になれたでしょう。
今日も、あなたの幸せを願って。
りょうこ

10月12日誕生色 バーントシエンナ #823616|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ10月12日誕生色 バーントシエンナ #823616|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

7月16日は家族の誕生日でした。
私の姪っ子が勤めているカフェでお祝いのランチを。

素敵なバースデープレートです。
カフェは2階なのですが、1階がショップになっています。
オリジナルのケーキの中から好きなものを選んでカフェでオーダーできます。

image


image



2016年3月にオープンしたばかりのお店ですが、雑誌に掲載されていました。

image







私はローストビーフ丼

image








チーズとハムをサンドしたフレンチトースト

image









熱々のドリア

image








店内は、コーナーごとに雰囲気が違います。
私たちが座ったのは、ゆったりとくつろげるソファー席。

image





家ではお花を飾りました。
夕飯は、大きなエビのエビフライ山盛り(笑)
リクエストで出し巻き卵を全員につけました。
久しぶりに卵焼きを作った。
これも、ご馳走になるのですね。

image






























私の好みで選んだお花で生けています(笑)









家族でお誕生日をお祝いできるのは、幸せな事です。
生まれてきてくれたことに感謝。
ほんとうに、ありがとう。


ありがとうございます。
嬉しいことがありましたか?
何回笑顔になれたでしょう。
今日も、あなたの幸せを願って。
りょうこ


7月18日誕生色 ローヤルパープル #7f1184|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ7月18日誕生色 ローヤルパープル #7f1184|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ


7月18日 愛と励ましの言葉|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ7月18日 愛と励ましの言葉|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

昨日、お米のことについて書きました。
ところが、姑(義母)は私に「お米を分けて」とニコニコして言いました。
とりあえず5kg欲しいと。

お米を分けてあげた


お金は要らないと言うと「お金をもらってくれないなら、お米はもらわない」と言い張ります。
なので、5kgで1500円もらいました。
キッチリはかりで計量します(笑)
酸化しないように冷蔵庫で保存した方がいいよ、と言ってもききいれません。
10kgのお米の空き袋に入れて、納戸の蓋付の容器に保存するそうです。
「こうしないと、計りにくいでしょ」
5kgで1ヵ月ほど食べれるそうです。
自分で買うという選択肢はないようです。
娘婿がお米を頼んでいた先は、先日ご主人が亡くなったので、もう頼めなくなったそうです。
そんなこともあるのですね。
その方のお葬式に、ダーリンと姑が参列してきました。

マイペースがいちばん


こんな風に、まったく悪びれずにマイペースな姑です。
3年前に舅(義父)が肺の小細胞癌で亡くなったときには、ばあちゃんはひとりで生きて行けるのだろうかと、皆が心配していました。
自分で考えて決める、ということをしないでじいちゃんにすがって生きてきた人でした。
何でも人の意見を求めて決めてもらって、あとから散々文句を言います。
だったら、最初から自分の好きなように決めればいいのに、と何度思った事か。
そんなんで、大丈夫かしら?

脳腫瘍の手術


じいちゃんが亡くなってから、一人暮らしになったばあちゃんは、血圧が高いとか胸がドキドキするとか、からだの不調を訴えるようになりました。
私が血圧を測ったり脈を診て、大丈夫だよと説明すると、安心して眠ります。
私は、ボランティアで10年以上続けている夜の仕事があります。
月に一度しか出番はありませんが、#8000の電話相談員をしています。
19:00~23:00が勤務時間なのですが、ちょうどその出番で私が不在の夜にまた具合が悪くなって。
ダーリンが当番病院へ連れて行きました。
結局、血圧も心臓も異常なかったのですが、たまたま頭部のレントゲン写真を撮ったところ、偶然脳腫瘍が見つかりました。
両性のものでまだ小さく、腫瘍による圧迫症状などはありませんでした。
すぐに摘出手術のために入院しました。
手術後の後遺症もなく、無事に手術が終わりました。
なんとなく、じいちゃんが早期発見させてくれたのかしら、とみんなで感じていました。
術後1週間ほどで10日目に退院するよう「宣告」があり、まだ1ヵ月は入院していたいとばあちゃんは頑張りました。
しかし、私たちと医師・看護師の強い説得で、仕方なく予定通り退院したのです。
その後、順調に回復して、通院も必要なくなりました。
2年以上経った今では元気にパークゴルフや畑仕事に励んでいます。

思ったことは我慢できない


ウチのばあちゃんに限ったことではありませんが、歳をとると今思ったことはすぐにやらなければ気が済まなくなります。
自分の思い通りの手順で行動します。
それが、どんなに非効率で遠回りなことでも、やりたいようにやらなければできないのです。
本人の気の済むようにやらせます。
いくらこちらの価値観を伝えても、理解されません。
それは、誰もがやがて行く道。
私も、いずれはそういう風になるのでしょう。
好きな時にわが家に来て、息子(ダーリン)がいなくて私だけだとあからさまにガッカリするばあちゃん。
かわいいですよ。
ホントに(笑)

一緒に暮らす家族


私は高校を卒業して、全寮制の看護学校に入学しました。
当時は、札幌市内に自宅があっても全員寮生活だったのです。
わが親と暮らしたのは、たったの18年間。
姑と同居して27年目です。
すごいですね。
結婚して32年、ダーリンと暮らしています。
私の実家は釧路で、300km離れています。
冬の移動は大変なので、5月のGWとお盆休みの2回帰省しています。
ダーリンが嫌がらずに私の実家へ行って泊まってくれるので、ありがたいことです。
私の両親は、ばあちゃんよりも2歳年上です。
いつまで老夫婦2人で暮らしていけるのかと心配ですが、今のところは何とかやってくれています。
両親にとって私はいくつになっても「頼れるお姉ちゃん」です。
3人きょうだいの長女で、末の妹が釧路に住んでいます。
弟は大学から東京で、千葉に住んでいます。
一緒に暮らすことが、何よりの親孝行ですね。
「私のお陰で、両親と同居して親孝行ができるのよ」と以前はダーリンによく言っていました。
でも、最近は、ばあちゃんと一緒に暮らせることに私自身が感謝しています。

ありがとうございます。
嬉しいことがありましたか?
何回笑顔になれたでしょう。
今日も、あなたの幸せを願って。
りょうこ

6月20日誕生色 サンライトイエロー #f19d45|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ6月20日誕生色 サンライトイエロー #f19d45|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ


6月20日 愛と励ましの言葉|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ6月20日 愛と励ましの言葉|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ