google-site-verification: googlef91170353ec39d61.html

笑顔と涙よ、こんにちは

長女、妻、母、看護師、第1種滅菌技師である私の日記ブログです。 願いは行動すると叶う。 実感中。

タグ:定山渓鶴雅リゾートスパ森の謌

DSC_0114
DSC_0115
HORIZON_0001_BURST20200216191223952_COVER

一皿目、赤ワインと一緒に。
ダーリンは、お刺身から攻めていきます。

DSC_0116
DSC_0118

遅れて前菜が届きました。

DSC_0117

2皿目も盛りだくさん(笑)

DSC_0119

デザートも、しっかり。
たくさん食べたようでも、お腹はもう少し余裕がありました。
でも、満足、満足。
テーブルまで焼き立てを運んでくれるピザは、それだけで満腹になってしまうので、注文できません。
お料理は、どれも外れなし。
和食と中華はほとんど食べませんでした。



ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ





mekkingishi-nurse.hatenablog.jp





HORIZON_0001_BURST20200216153149268_COVER

冷蔵庫には、ピッチャーにお水、ウェルカムドリンクの紅茶があります。
コーヒーマシンと電気ポットには、すでにお水がセットされていました。
HORIZON_0001_BURST20200216153024333_COVER

マッサージチェア、空気清浄機があります。
HORIZON_0001_BURST20200216153115551_COVER

広々セミダブルのツインベッドです。

16時からピローギャラリーがオープンして、長蛇の列でした。
並ばずに先に大浴場へGO。
フェイスタオルとバスタオルは、浴室にたくさんあります。
女性だけ岩盤浴付き。
アメニティも完璧なので、手ぶらでお風呂へ行けます。

お風呂からあがると、もうピローギャラリーには誰もいませんでした。
枕は、ピローギャラリーで選んでもらいました。
ちゃんと試用して使用感を確かめてから、お部屋へ持っていきます。
硬くて高目の枕だったので、2個抱えるとかなり重かった。
これが寝心地よくて、ぐっすり眠れるのです。

枕を選んだら、予約していたアロマエステへ。
オールハンドの全身+ヘッドスパで80分のコース。
背中の施術中は、いつのまにか眠っていました(笑)

前回は、夕食の後にエステを予約していたので、あわただしく食事して満腹で施術を受けましたが。
今回は先にエステで、食事はゆったりと楽しめました♡
お腹いっぱいになって、あとは寝るだけ。

客室のフロアに入ると、廊下は裸足で歩きます。
夕食後にダーリンとトイレがブッキングするので、私は廊下のトイレに寄りました。
で、部屋に戻って一歩中に入ると。

なぜか私はスリッパをはいているのです。
あらら・・・トイレのスリッパをはいたままでした(汗)
幸い廊下に人影はなく、無事にトイレに戻してきました。

客室のドアはオートロックではありません。
部屋にどちらかがいる時は、いちいちチャイムを鳴らしてドアを開けてもらわなくてもいいので、案外便利です。

チェックインの時と、夕食の時に「2回目のご利用ですね。ありがとうございます」と言われました。
そんなこといちいちチェックしているの?
そんなに一回きりのお客様が多いのかしら?

お帰りの際に、車の雪下ろしをお手伝いさせていただいてもよろしいですか?と聞かれたので、車のナンバーを伝えてお願いしますと言いました。
窓から駐車場を見ていたダーリンは、ぜんぜん雪下ろししてくれていないよ、と。
結局、自分で雪下ろししましたよ。

チェックアウトが10時で、フロントは人だかり。
大阪からの団体客が、札幌から5~6台タクシーを呼んでいました。
すごいね。
子ども連れも多かったけれど、静かに過ごせました。

また、泊まりたいホテルです。

https://www.morino-uta.com/ *保護されていない通信です←これ、ちょっと残念ね



ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ





mekkingishi-nurse.hatenablog.jp





私は昨年60歳になりました。
半年遅れて、ダーリンもめでたく60歳です。
今日は、2人で定山渓鶴雅リゾートスパ森の謌にお泊りです。



去年泊まりに行ってとてもよかったので、リピートしました。
札幌からも近くて便利。
冬の長距離移動は大変ですからね。

ランチは、シャトレーゼガトーキングダムサッポロの地下で中華。

昼夜とおいしいものをたくさん食べて、ダイエットに逆風が・・・。
今日は特別に許してね(笑)




ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ





mekkingishi-nurse.hatenablog.jp





【公式】定山渓鶴雅リゾートスパ森の謌 ホームページ

DSC_4484

ダイニングへの森の廊下。

DSC_4476

入り口には、こんなオブジェが。

DSC_4475

廊下の横には、広いワインセラーがあります。

DSC_4446

本日の前菜が1皿提供されます。

DSC_4449


DSC_4448

どんどんお料理を持ってきます。
グラスの赤ワインを頼みました。

DSC_4447

お料理が豊富で、全種類はとても食べきれません。

DSC_4450

3皿目。

DSC_4451

なんと4皿目。

DSC_4452

そして、〆のデザートです(笑)
パリパリのカラメルが乗った焼きプリン(右側)が、とっても美味しかった♡

ダイエット中にもかかわらず、どれだけ食べるのでしょう(笑)
デザートも、たくさんあって食べきれません。

いつもは私よりもたくさん食べるダーリンが、同じくダイエット中なので私よりも小食でした。
そして、私を置いて先にお部屋へ戻ってしまった。

ルームキーは各自の分があって、ペンダント式に首から下げています。
皮のカバーがかわいらしい鍵です。
カードキーではありません。
従ってオートロックもなし。
普通のドアノブですが、その方が使いやすくて便利です。

DSC_4466

素敵なハープの生演奏。

DSC_4465


DSC_4464

暖炉に火が入り、マシュマロを焼いて食べる人がいました。




DSC_4471

朝食です。

DSC_4472

2皿目。
やはり、品数が多過ぎて全種類制覇できず(笑)

DSC_4473

〆のデザート。
コーヒーは、おかわりしました。
紙コップに入れて、お部屋へ持ち帰ることもできます。

お部屋にもコーヒーマシンやお茶の用意があります。

DSC_4467

1階のエレベーターホールのジオラマ。
かわいらしい木製です。

このホテルなら、何日か連泊してもいいなと思いました。
本当にゆったりとくつろげるリゾートホテルです。

また、行きたいですね。

ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ




mekkingishi-nurse.hatenablog.jp



www.ryokoblog.com


 


www.ryokoblog.com





【公式】定山渓鶴雅リゾートスパ森の謌 ホープページ

DSC_4480

スパの入り口です。
中に入ると下駄箱があって、サンダルを脱ぎます。

DSC_4459

浴室の入り口の奥に、サロンがあります。

DSC_4457


DSC_4456


DSC_4455

ピローギャラリーの手前に、エステの受付があります。
寝心地が最高の枕を無料で借りて、珍しく熟睡できましたよ。

DSC_4453

事前のカウンセリングルーム。
説明を聞いて、同意書にサインします。
オイルはゼラニュームをチョイス。

あらかじめホームページを見て、エステのコースを選んでいました。
この日の担当は富永さん(富長さん?)

とっても上手な方で、丁寧に施術していただきました。
ホテルに到着して温泉に入る前に予約したのですが、すでに夜の予約が入っており希望の開始時間よりも早いスタートになってしまいました。

前日に電話で予約しておいた方が、よかったかもしれない。

ボディ全身60分+フェイシャル40分のコースです。
あまりにも肩と背中がガチガチなので、
なんと「もう少しでほぐれそうなので、10分延長してもいいですか?」
と言われました。

次の予約が詰まっているのに、10分延長してもらえるなんて、願ってもないことです。
二つ返事でお願いしました。

フェイシャルは、泥と卵白の2種類からパックを選べます。
卵白を選びました。
引き締めとリフトアップ効果があるそうです。

「ハタ様のお肌はもともとキレイですが、更にモチモチになりましたよ」

施術後は、ホットタオルで全身も拭いてもらえました。
(自分で拭かなくてもいいのだ)

DSC_4454

施術のあとのハーブティーをいただきます。
予約しておいた枕を持って、お部屋へ戻ります。

自分にご褒美。
とっても素敵なひとときでした。

食事編へ、つづく・・・



ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ




mekkingishi-nurse.hatenablog.jp



www.ryokoblog.com


 


www.ryokoblog.com





↑このページのトップヘ