google-site-verification: googlef91170353ec39d61.html

笑顔と涙よ、こんにちは

自分に気づく。そこから行動が変わり、気持が楽になっていきます。ため息は心の深呼吸。ちょっぴり上を向いて笑顔になりませんか?

北海道

DSC_3326


本格焼酎「泰蔵」古酒。

ダーリンが買ってくれました。

四合瓶のみで、一升瓶はないそうです。

「泰蔵の古酒をください」と言ったら、女将さんが古酒じゃない焼酎を持ってきました。

滅多に売れないんでしょうね(笑)



湧き水とまったく同じ弾力のある舌触りです。

同じ蔵の日本酒とは完全に別物。





国稀酒造オンラインショップ 本格焼酎 初代泰蔵

通販で買える焼酎は、これだけです。


ホームページより
創業者 本間泰蔵は、日本酒とともに酒粕を原料とした粕取り焼酎の製造にも力を注ぎました。(明治33年から昭和18年頃まで)
 当時「日の出」という名で売られた焼酎は、地元増毛はもとより宗谷・樺太地方にまで流通し、鰊場のヤン衆に広く親しまれました。
  永く途絶えていた國稀の焼酎が半世紀の時を越え、現代の嗜好にあわせ復活致しました。








ありがとうございます。

嬉しいことがありましたね。
たくさん笑顔になれたでしょう。

今日も、あなたの幸せを願って。

りょうこ

flowcare.hatenablog.com



flow-care.com


flowcare.hatenablog.com


flow-care.com

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

DSC_3307


国稀酒造、始めて訪問しました。

間口よりも奥行きが長い。

DSC_3309


外に無料の水汲み場があって、次々と水を汲みに来る。

中には、台車に2ℓのペットボトルを何本も積んでいるおばちゃんもいた。

飲み水だけでなく、ご飯や料理、氷にと使える。

冬期間は閉鎖するので、利用できるのは11月4日(日)までです。


DSC_3300


まず、ショップが。

商品の写真は、控えました。

でも、布製品や紙製品など、欲しいものがいっぱい。


DSC_3301



いろいろな展示コーナーに、資料室。

DSC_3302


DSC_3303


DSC_3304


DSC_3305



DSC_3306


屋内にも湧き水。

飲んでビックリ!

水に弾力があるの。

まろやかで舌触りが違う。

こんな水、飲んだことない。



一番奥に、利き酒コーナーあります。

係の人が誰も付いていなくて、飲み放題(笑)


「酒粕焼酎 泰蔵」というのがありました。

焼酎も造っていたんだぁ。



まず、純米大吟醸。

お約束通り、甘いですね。


で、次に焼酎を。

焼酎の泰蔵は4種類。

その中の「古酒泰蔵」をいただきました。

日本酒と全然違う。

さっきの水と同じ舌触りで、厚みと弾力をしっかりと感じる。



最後に、氷で冷やされた「にごり酒」を1杯。

口当たりがいいね。


他にもたくさんの試飲用の四合瓶が並んでいました。


すきっ腹に一気に行くと、結構きましたよ~。


DSC_3299


懐かしの赤丸ポスト。

DSC_3298


DSC_3308


このあと、待望のお昼ご飯へ♪

買いたかった小物たちの事はすっかり忘れてた(笑)


国稀酒造



ありがとうございます。

嬉しいことがありましたね。
たくさん笑顔になれたでしょう。

今日も、あなたの幸せを願って。

りょうこ

flowcare.hatenablog.com



flow-care.com


flowcare.hatenablog.com


flow-care.com

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

DSC_3284


今年の春にオープンした「道の駅 あいろーど厚田」に初めて行ってきました。

大行列で1時間待ちはあたりまえの時期は過ぎており、秋晴れの中で快適でした。

海を一望する景色が一番のウリでしょうか。



DSC_3285


DSC_3286



DSC_3325


石狩二三一の名物「にしんのばってら」を購入。

1000円也。


DSC_3328


中に数の子が入っています。

ご飯はかなり柔らかく甘い酢飯で、白ごま入り。



DSC_3282



紅葉狩りだったのですが、まだ少し早かったようです。


道の駅 あいろーど厚田

去年開設したばかりのサイトなのに、どうして「保護されていない通信」なんだろう?

担当者が無知なだけかな?

SSL化されていないサイトのリンクを貼ると、評価が下がるんだよね。

「危険なサイト(の可能性があるサイト)へ誘導する悪質なサイト」とみなされるから。



まあ、このブログだってSSL化されていないけど。





ありがとうございます。

嬉しいことがありましたね。
たくさん笑顔になれたでしょう。

今日も、あなたの幸せを願って。

りょうこ

flowcare.hatenablog.com



flow-care.com


flowcare.hatenablog.com


flow-care.com

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

DSC_3126


幸福駅。

結婚前に1度。

長男が生まれてから2度目。

夫婦2人で3度目の訪問。



DSC_3127



DSC_3128


幸福の鐘を鳴らして記念撮影する人がいっぱい。

昔(30年前)の賑わいはなく、売店も1軒だけでした。


DSC_3129


ばあちゃんや子どもたちに、お土産を購入。

ダーリンのキーホルダーを買ってプレゼントしました。





ありがとうございます。

嬉しいことがありましたね。
たくさん笑顔になれたでしょう。

今日も、あなたの幸せを願って。

りょうこ

flowcare.hatenablog.com



flow-care.com


flowcare.hatenablog.com


flow-care.com

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

1泊2日で、愛媛県宇和島へ視察に行ってきたダーリン。

昨夜、無事に帰宅しました。

電話でも聞いていたが、報道されている以上に悲惨な状況だったとのこと。

水道が使えず土砂崩れで困っていたのは、山間部だけで、市街地は普通に生活できていたという。

市内とは独立した水道が使えなくなっているので、水の支援が必要らしい。

単なる「視察」であり、市役所の中はピリピリしていて、予想通り迷惑だったように感じる。

視察目的の出張なので報告用の写真を撮るのだが、それも怪訝そうに睨まれたらしい。

現地で何が必要なのか。
色々なSNSでも、被災者が直接情報発信しており、その情報が拡散されている。

これまでのボランティア活動から、ボランティア自身が自活できる前提が重要だと学んだ。
善意の押し付けではなく、必要な物資を必要な所へ届ける。
復旧作業を手伝う。

配食、給水、入浴、衣類、眠れる環境、心のケア、暑さ対策、熱中症対策、医薬品。
寸断された道路の復旧。
移動手段は。

情報を共有するネットワークの構築が必要だが、ライフラインが途絶え電波も使えなければ、SOSを出すことすらできなくなる。

防災無線や衛星通信など、災害時に機能する通信手段が必要。

北海道は、このような災害対策がまったくできていない。
どこに災害対策本部を設置するのか。
通信手段も何もないまま、連絡網すら整備されていない。

これだけ広域な地域で、まして冬期間に災害が発生したら寒さに耐えられず死者が何倍にもふくれあがる。
救助を待つ時間的余裕すらないのだ。

水と食料を備蓄することが対策ではない。

ダーリンは、わたしよりも早く起きて、パークゴルフへ出かけて行きました。



ありがとうございます。

嬉しいことがありましたね。
たくさん笑顔になれたでしょう。

今日も、あなたの幸せを願って。

りょうこ

flowcare.hatenablog.com



flow-care.com


flowcare.hatenablog.com


flow-care.com

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ