google-site-verification: googlef91170353ec39d61.html

笑顔と涙よ、こんにちは

自分に気づく。そこから行動が変わり、気持が楽になっていきます。ため息は心の深呼吸。ちょっぴり上を向いて笑顔になりませんか?

メンテナンス

2017年の滅菌供給業務世界会議で開催されたハンズオンセミナーを、札幌で受講する機会に恵まれました。

日本医療機器学会のガイドライン策定が遅れており、発行は2021年になるのでは?という情報がありました。

「明日からできる洗浄評価とプロセス改善のヒント」
主催:エスエムピー・ラボラトリーズ・ジャパン株式会社
共催:株式会社竹山、株式会社ニチオン

日時:2019年6月9日(日)13:00~17:00
会場:株式会社竹山本社9階
会費:1000円
定員:30名 *事前申し込み制
持ち物:可能なら腐食、錆びた較正小物をお持ちください。

<プログラム>

第一部13:10~14:40
講師 ウルス ローゼンベルグ博士
ハンズオントレーニング
・医療機器のメンテナンス(錆・腐食の防ぎ方)
・プロセス改善のヒント

第二部14:50~16:20
講師 クラウス ロス
ハンズオントレーニング
・目視判定の仕方
・残留タンパク質抽出
・院内でできるヘモグロビン測定

第三部 16:20~17:00
・ディスカッション
・受講証発行 

まさに目からウロコの新事実が明かされ、日本医療機器学会のガイドラインも十分ではないことを知らされて、とても驚きました。

何事も疑いを持って「確認」が必要ということは、本当に何にでも当てはまるのだなと改めて感じましたね。

世界レベルの再生処理の研究や進化の情報をキャッチし、日々の業務に活かして行く責任の重さを痛感しました。

今、正しいとされて信じていることが、明日も正しいとは限らない。

つくづくそう思います。


このハンズオンセミナーについて、ブログに書いてもよいという許可をいただきましたので、中材ブログの方に詳しい内容を書きたいと思います。

株式会社ニチオン様では、歯科のメーカーともタイアップして「洗える」「滅菌できる」安全な歯科器具の開発にも着手しているそうです。

ブルーオーシャンの歯科の世界の洗浄と滅菌、消毒。

日本の歯科医療にも明るい兆しが見えていることを、嬉しく思います。

変らなければ生き残って行けない時代ですから。

眼を開き、聞く耳を持って、企業としての役割を果たして欲しいと思います。


エスエムピー・ラボラトリーズ・ジャパン株式会社

株式会社ニチオン http://www.nition.jp/ *保護されていない通信です

株式会社竹山



ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ




mekkingishi-nurse.hatenablog.jp



www.ryokoblog.com


 


www.ryokoblog.com





DSC_4002


注文した本を受け取ってきました。

さっそくじっくり読んでみます。

DSC_4003


この出版社の本は、だいたい7000円前後の設定ですね。

まあ、写真や図も大きくて読みやすいので仕方ないのかなとは思いますが。


悲しいのは、その内容。

私は「歯科」に特化した専門的なことを研究しているので、片っ端から目ぼしい本を購入しています。

▶「医科」と「歯科」の感染制御を区別する前提で書かれていること(医科の感染制御を敵対視する表現をしている)

「滅菌」の工程には「洗浄」作用はないのに、高圧蒸気滅菌器のEN規格での分類で「洗浄」ができる滅菌器とできない滅菌器という表現をしている

▶「滅菌保証」がいとも簡単にできると書かれているが、言っている内容は「滅菌保証」ではない

▶各章のタイトルと直下のディスクリプションに、それぞれいくつか間違いがあり、その間違いが正しいと誤解される可能性が非常に高い


詳しい内容で正しいことも書かれてはいます。

でも、根本的で重要な部分が間違っていては話にならない。



1冊の本の中で、何ヵ所か異論を唱える部分があるのは普通だと思っていますが、ここまでだと怒りがこみあげてくる。

そのエネルギーで集中力を充電できたから、そこは感謝するけれどね(笑)

23ページまで読んだ時点での感想です。



今、歯科の世界に何が必要なのか。

この本の「間違いを是正」する内容で、歯科医師・歯科衛生士向けのテキストを完成させればよいのだと思う。

私のテキストの目標は、

1.読みやすいこと(文字、見出し、レイアウト)
2.平易な文章表現、1文を長くしない
3.図表やイラスト、写真を豊富に
4.ポイントをコンパクトにまとめて強調する
5.章のタイトルの工夫
6.索引をつける
7.根拠の明示
8.参考文献


先の著者「中村健太郎」さんは、ドイツで見聞した正しいことを書かれている。

共同執筆者の執筆内容をチェックしなかったのだろうか?


少なからず参考になる部分もあるし、どこが間違いなのかチェックするのは自分の勉強にもなる。



既成の書籍で満足できない場合は、やはり自分で創るしかない。

歯科衛生士学校の中材実習テキストも、そういう理由で自作した。

その改訂版を作ればいいのだ。



よし!頑張るぞ。






ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ





www.ryokoblog.com


 


www.ryokoblog.com





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

3月にキッチン・浴室・トイレ・玄関ドアのリフォームをしたばかりなので、外壁の補修は来年以降という予定だった。
なのに、ばあちゃんが「少しお金出すから、今やろう」と言い出してきかない。
で、外壁も直すことになった。

個人のペンキ屋さん。

去年、お隣の外壁を塗った時に、わが家にも営業にきていた。

ダーリンが交渉したので詳細は知らなかったが、ずいぶん欲張りな注文でした(笑)
外壁の傷んだサイディングを部分交換。
塗装は、屋根、外壁、2階建て物置の屋根、ばあちゃんの玄関ドア、車庫2棟のペンキ塗り。

外壁は、去年自分たちで応急処置したコーキングが、普通のシリコンコーキングなので塗料をはじくため「変性コーキング」で再度補修し直した。
3月に玄関ドアを交換したところのコーキングも、普通のシリコンコーキングだったので、そこも剥がしてやり直し。

塗料は、スプレーではなくほぼ原液をローラーで全部手塗り。
かなりのこだわりの仕上げぶり。

ただし、22年前の外壁材が廃番で入手できず、似たような物を特注で加工してもらったとのこと。
その分10数万円も見積もり金額に上乗せさせられた。
家に関わる費用はダーリンの分担なので、私はお金を出さないし口も出さない。
外壁の色だけはダーリンから相談されたので、意見を言って採用された。

でも、まあ、満足のゆく仕上がり。
外壁を全部交換すると、今回の3倍は費用がかかる。
これで10年以上もてば御の字だ。

作業が完了した翌日は、雨。
その次の日に、足場を撤去した。
その翌日、ダーリンとばあちゃんが家の裏側を点検したら、不具合を何ヵ所か発見。

電話しても「そこは難しいから無理」とそっけない。
作業中とは別人のように、テンション低かったとダーリンが嘆いている。
まあ、本職ではないのにサイディングの部分貼り替えもたのんだからね。

さあて、あと10年、持ちこたえられるでしょうか。


ありがとうございます。
嬉しいことがありましたか?
何回笑顔になれたでしょう。
今日も、あなたの幸せを願って。
りょうこ

9月14日誕生色 タン #bf783e|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ9月14日誕生色 タン #bf783e|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ