また、ちょっと不快な電話が。

別に怒ったり文句を言った訳ではないけれど。
そんなの、どうでもいいじゃない、な~んて言わないでくださいね?

職場公認の副業(北海道の嘱託職員)の電話でした。
8~9月の2ヵ月分のシフトの希望は、早々に提出してあります。
その提出物に関して。

当番ができない日には✖、可能な日には〇をつけるのですが、わたしは基本的に月に1回しか当番しないので、たくさんの✖は省略しています。
それで何年もやってきたのに。

今年度から担当になった青年からの電話。
「さきほど、メールした件なのですが」
まだメールはチェックしていません。
「当番表に✖がついていないのですが、当番できない日はいつでしょうか」と。

そこでちょっとムッとした。
で、いちいち✖は書いていませんと返答。

すると、
「ちなみに、9月21日の勤務は可能でしょうか」

予定を確認すると、今のところはOK
その日に当番可能な人が誰もいなくて、わたしに電話したらしい。

だったら、最初からそう言ってよね!
「9月21日に当番可能な方が1人もいないのですが、ハタさんにお願いできますでしょうか?」ってさ。

9月28日がわたしの希望日だったので、28日に当番できる人はいるの?と尋ねたら「います」と。
だったら、28日を21日に変更しいてもいいわ。

電話が終わってからメールを確認。
すると、8月4・5日と9月21日の3日のうち当番可能な日はありませんか、となっていた。
8月分は、やりくりがついたんかい。

本業に支障があるので、基本的に日~木曜日の当番はしない。
金曜日と休前日限定。
土日は家族との貴重な時間&わたしの休養日だから働かない。
いつも月末の金曜日:プレミアムフライデーと決めている。
わたしも個タクさんも、予定を忘れないから(笑)

なのに、火曜日に突然職場へ電話がきて「今夜の当番」を懇願され、仕方なく受けたことがある。
子ども達の夕飯とか何も用意していないので、ダーリンにお願いしたよ。

新人のお兄ちゃん、大丈夫?。

わたしの想像力が足りなくてムカついちゃったけど。
コミュニケーションって、難しいね。

そのお兄ちゃんとは、まだ面識がない。
でも、職場の連絡ノートで、お兄ちゃんの誤解を指摘したことがある。
自分では絶対にできない大風呂敷を広げてるし。
直属の上司に相談したり報告してるのかな?と、内心いぶかしく思っている。

そういう先入観が、思いやりのない対応につながっているのだと反省。

未熟者だな。


ありがとうございます。

嬉しいことがありましたね。
たくさん笑顔になれたでしょう。

今日も、あなたの幸せを願って。

りょうこ

flowcare.hatenablog.com



flow-care.com


flowcare.hatenablog.com


flow-care.com