google-site-verification: googlef91170353ec39d61.html

笑顔と涙よ、こんにちは

長女、妻、母、看護師、第1種滅菌技師である私の日記ブログです。 願いは行動すると叶う。 実感中。

カテゴリ: 第1種滅菌技師

令和2年の仕事が始まりました。
9連休でたっぷりと休養し、新たな気持ちで新年のスタートを切りたいです。
昨年末からずっと頭の中を駆け巡っている思いやプランが、そのまま継続しているので、改まった感じはしませんね(笑)
雪の少ない穏やかなお正月でした。

院長の年頭のご挨拶では、厳しい現状と大きく変わる歯学教育や国家試験制度について語られました。
その歯学教育の中に、洗浄・滅菌の専門分野も組み込んで欲しいと願っています。
偶然、歯学部の教科書の改訂をお手伝いさせていただく機会を得て、非常に重要なことがコンパクトにまとめられていることに驚きました。
こんなに大切なことをサラリと言われても、果たして「大事なこと」だというのが本当に理解できるのかどうか不安になります。
教科書を使って教える側の知識とセンスが問われます。

歯科クリニックでは、感染制御や様々な運営がほぼ院長(経営者)1人の責任になるでしょう。
それをどのように自覚して、どこまで行動できるかにかかっています。
日本の歯科医療界に根強く浸透している「歯科の甘え」を、どうやって払拭したらいいのか。
無知や無関心では、人の命は守れません。
そこを自覚することが、第一歩だと思うのです。

様々な言い訳は、人の命を傷つけるだけです。
歯科診療が原因の感染症は、報告されていない。
それは、歯科が感染の重大な原因ではないという証明にはなりません。
日本では、たくさんの要因を排除できないので、特定されていないだけのことです。
外国では古くから「歯科による感染」が立証されています。
「キンバリー事件」は、30年以上前に習いました。
可能性は証明されているのです。

私は、B型肝炎の抗体を持っていません。
ワクチン接種で抗体ができなかったので、抗体のないままに39年間の看護人生を送ってきました。
その中で、針刺し事故などの明らかな原因がまったくないにも関わらず、HB抗原はずっとマイナスですが、HB抗体が微量に増減しています。
何らかの暴露や感作を受けているはずなのですが、一番可能性が高いのは歯科治療だと疑っています。
帝王切開2回、子宮頚管縫縮術1回、3回の手術を経験していますが、その前後でHB抗体価に変化はありませんでした。

診療報酬の院内感染対策費が少な過ぎて、そんなに費用を掛けられない。
医科でも感染対策費は当然、大幅な持ち出しです。
しかし、そこをケチってひとたび感染事故を起こせば、病院は潰れます。
医科は「命」の大切さが医療の根底にしっかりとあるのです。
そこが、医科と歯科の決定的な違いではないでしょうか。

私はずっとそう思ってきました。
しかし、残念なことに、医科でも「洗浄・滅菌」に無知なクリニックが非常に多いであろうという現実を知りました。
国公立の病院や民間の総合病院などでは、それなりに洗浄・滅菌の質は維持されているでしょう。
しかし、10万ものクリニックの隅々まで正しい方法が行き渡っているかどうか。
大きな疑問です。
7万の歯科クリニックだけを特別扱いしている場合ではないと思うのです。

まず、自分の命を守る。
大切な家族の命を守る。
同じように、スタッフと患者の命も守る。
とてもシンプルなことなのですが、「他人事」になっている現実が残念でなりません。


職場宛に賀状をいただきました。
心に留めていただいて、ありがとうございます。
来年は仕事用の年賀状も作ろうかしら。

昨日、9連休の最終日に風邪を引きました(笑)
昨日はお出かけもせずにおとなしく家で過ごしていたのに。
不思議です。
鼻の奥から上咽頭が痛いので、トランサミン(250mg)とカロナール(200mg)と葛根湯を飲んでいます。
PL顆粒が必要なほどではないので。
自己診断で、手持ちの薬を選びます。
それがまたよく効くのです。

職場にいる方が、家にいる時よりも楽なのは、なぜ?
薬が効いているから?
白衣に着替えると、多少の具合の悪さは何とかなってしまいます。
不思議ですね。



ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ





mekkingishi-nurse.hatenablog.jp





12月27日金曜日は、まず北24条の焼肉屋さんで、講座の学生さんも一緒に賑やかな納会でした。

そこで、出版をすすめられたの。
昨年の講演が好評で、詳しいことを本にすべきだと。
出版社を吟味しなければ、と。

歯学部の教科書の改訂を手伝ったせいかもしれない。
学会誌にはトピックスを書いてもいいと許可はもらっている。

遅れているQMS省令と日本医療機器学会の新ガイドラインが出そろってからにしたいと思っているのだが。

今から準備しないと、2年くらい先になりそうだ(笑)

そして、私の大きな課題。
抜本的な改革。
残された在職期間内に達成したい。
この10年は、1年にひとつずつ色々なことを変えて来たが、もうそんな悠長なことをしている時間はない。

そのアプローチのための、大事な突破口が開けた❗️

この収穫は、とても大きい。
心から感謝している。

そして12月27日は、プロジェクトの相談をしていた歯科医師会の先生からアドバイスを頂戴した。
もっと他の歯科医師にも聞いてみてくれると。
お忙しい中、心を砕いてくださり、本当に感謝しています。

何も知らなかった業界や組織について、具体的に教えていただいた。
そこがわかると、次の手を打てる。
ありがたいことです。

今年は新年早々から、ワクワクの嵐です(笑)



ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ





mekkingishi-nurse.hatenablog.jp





12月27日の御用納めの後は、9連休で専業主婦状態です。
年賀状も、なんとか28日には投函できました。

明けましておめでとうございます。

今年は、昨年から決まっていた仕事が2件。
乗りかかった船状態のプロジェクトが1件。
原著論文は宙ぶらりん(笑)
何年も前から考えていた学内のアプローチを実行予定。
第1種歯科感染管理者の検定資格を取る。
道外セミナーの他に、海外にも行ってみたい!
歯科衛生士さんを誘ってみたら、意外と前向きな感触。
視野を広げて人生観が変わると思うし、モチベーションも上がると。
再来年のスイスは、2人で予算申請しちゃおう!

願いは叶う。
まず心に思うこと。
次に、書きだしてみる。
紙でもSNSでもブログでもいい。
そして、多くの人に語る。
(声に出す、耳から聴く)
私の場合は、まずダーリンだね。
職場の仲間や友達、関係者。
第一歩の行動を起こす。
メールでもいい。
電話でもいい。
飲み会でもいい。
セミナーでもいい。
本を買ってもいい。

そこから確実に実現へ向けて流れが動く。
流れに乗ってしまえば、やらざるを得ない状況になる。

あとは頑張るのみ。
楽しんで。
ここがミソ。

頑張った人には、頑張っただけの成果が手に入る。
届かなかったら、頑張りが少し足りないかやり方が違っていたかも。
私は、第1種滅菌技師の試験1回目は不合格。
落ちた理由は明白。
甘く見ていた(笑)
楽観的にもほどがあるでしょう。
1から勉強し直して、2回目で合格。
厳しい現実を認識したから合格できた。
失敗は成功の糧になるので、何度失敗しても再チャレンジすればいい。
寄り道した分、経験を重ねてより多くの学びを得ている。

人生は楽しい。
超えられない試練はないはず。
(これまでは、そうだった)

自分らしく。
あるがままに。

健康にだけは注意しよう。
節酒とダイエットが課題だ。



ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ





mekkingishi-nurse.hatenablog.jp





mekkingishi-nurse.hatenablog.jp



第1回愛媛県中材業務研究会
2020年2月22日(土)開催です。
12月26日に届いた「医療機器学12」の単位取得セミナーに掲載されていました。
愛媛県には中材研がないので、広島など他県に出かけて勉強していると聞いていました。
愛媛県には私が第1種滅菌技師の実技講習を受けた三浦工業(株)さまがあります。
なんとか力になってくれないものかしら、などとつぶやいていたら。
こんなに早く立ち上がるなんて。
素敵です。

お知らせのフライヤーがまた素晴らしい。
使われている文字フォントにも感激しました。

第1回愛媛県中材業務研究会-1


ぜひ駆け付けたいところですが、ちょっと厳しいところ。
北海道からの直行便は1日1往復だし、場合によっては2泊必要。
乗り継ぎ便で日帰りは、超ハードスケジュールになる。
2月は東京へ2回行く予定です。
2日は前泊、第1種歯科感染管理者の講習。
9日は日帰り、歯科感染管理者セミナーで渥美克幸先生の講義です。

3月の機器と感染カンファレンスにも行きたいなと考えてるし。
バリデーションがテーマなので。

クレジットカードで必死にマイルを貯めてます(笑)
スマホ決済もカード払いに切り替えたしね。


ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ





mekkingishi-nurse.hatenablog.jp






ペンタブに挫折して、スマホのお絵かきアプリに戻りました。
PCで使い方を見ながら練習。
少しずつわかってきたよ~ん♪

画像を保存したあと、マイギャラリーに戻って最初のホームに戻る方法がわからなくて、しばし格闘。
素人は、こういうところでつまづくのよね。
できる人は当たり前にやっていることだから、まったく気にしない(笑)

普通に紙に線画を描いて撮影し、色を塗る方法もある。
これ、便利ね。
スマホの画面上で描画しなくてもOKだから。

色塗りと修正、微調整ができる。
すごいなぁ。

レイヤーも欲張らずに少ない枚数から慣れてゆこう。

スライドにオリジナルのイラストが使えるのだ!
わはは。
ネットで探すのは、もう疲れた。
みんながどこかで見たことのある素材を使っていたら、面白くないでしょう。
親近感がわくのはいいけれど。

かわいい滅菌技師さんを描こう♡



ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ





mekkingishi-nurse.hatenablog.jp





↑このページのトップヘ