google-site-verification: googlef91170353ec39d61.html

笑顔と涙よ、こんにちは

長女、妻、母、看護師、第1種滅菌技師である私の日記ブログです。 願いは行動すると叶う。 実感中。

カテゴリ: 第1種滅菌技師

新年会で会えず、翌週にご挨拶に来てくださった彼と、また会えました。
歯科アンケートのことをメールで相談していたのです。
サイトをチェックしてくれていました。

すると、一般の歯科クリニックの現状では「何を質問されているのかわからないと思う」というアドバイスが。
洗浄・滅菌に関する私たちの常識が、まったく通じないというのです。
言葉の意味すらわからないので、回答のしようがないと。

なるほど。
問題は、そこからなのですね。
質問の内容を、もっと平易なものに変えなければなりません。

それだけでも、アンケートを試作した甲斐がありました。
医科、歯科ともに、医療のすそ野は広く、知識は浅く。
アプローチの方法に、相当の工夫が必要です。

オマケをつけて回答の収集につなげようと思っていましたが、その「オマケ」の「価値」が通じない相手なら意味がない。
ちょっとショックでした。

歯科医療の現状を把握する以前に、私自身の歯科の現状に対する認識を新たにしなければ。
行動すると、こんな風に反応が返ってくる。
そこからまた新たな一歩が拓けてゆく。

アドバイスや情報をお寄せくださる方々に、感謝です。
そのご厚意に応えられる結果を示すことが、一番の恩返しだと思っています。

頑張ります!



ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ





mekkingishi-nurse.hatenablog.jp





昨日、ディーラーさんとメンテナンスの青年と第1種滅菌技師の先輩が、お越しくださいました。
2012年に購入した洗浄器の更新計画の相談に乗っていただきました。
やはり、専門家の意見を伺うと発想が広がりますね。
ざっくりとした私的な希望を伝えただけで、的確な提案が返ってきます。
頼もしい。

今回は洗浄器についてだけ考えていましたが、滅菌器の更新も同時に計画すると大幅にコストを削減できる可能性が出てきました。
ワクワクしますね♡

最後まで希望を捨てずに、頑張ります!

洗浄器の性能をアップさせて、処理容量を倍以上に増やすと、かなりの効率化が図れます。
その浮いた分で、中材の中央化に向けた改善が2歩も3歩も進められると思います。
すごいですね。
問題は、経営者を説得できるかどうか。
院内受託責任者さまにも力になっていただいて、計画を練っていきましょう。




ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ





mekkingishi-nurse.hatenablog.jp





歯科のアンケート調査にご協力いただき、心より感謝申し上げます。
回答対象は歯科限定でしたが、医科の方々のご訪問や関心をお持ちいただいているのではないかと考えました。

医科でも個人のクリニックなどでは、大きな病院の中材とは違うことが多いと感じています。
特に眼科クリニックで行う白内障の手術などで、使用されている洗浄剤や滅菌器に不適切な状況があるという事実を知りました。

歯科同様に、医科の眼科以外でも大きな問題が潜んでいるのではないでしょうか。
1設問は10問なので、数分で回答できます。

ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

医科のアンケートに答える
医科アンケート



こちらも、引き続きご協力お願いいたします。




ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ





mekkingishi-nurse.hatenablog.jp





先日、中材ブログにアンケートの記事を公開しました。
Facebookでも発信し、シェアしてくれた仲間もいます。
しかし、思うように回答が集まりません。
アンケートを見てくださった方はいるようなのですが、回答につながらない。

さて、何が原因でしょうか?

様々なアンケートの回答率が低いのは承知しています。
「目的」に興味がない、賛同できない。
答える義理はない。
回答者へのメリットがない。
その他に考えられる理由がありますか?

回答者へ何か「特典が必要」という意見があります。
ただでは簡単に協力はしない、というスタンスですね(笑)
「ご協力ありがとうございました」という最終ページにPDFのURLを記載して、有用な情報(冊子など)を提供することも検討中です。
歯科クリニックの方がぜひとも手に入れたい情報。
それは何でしょうか。

今回、試験的なアンケートを実施してわかったことがあります。
・回答率を上げる工夫が必要なこと
・ホームページ等にリンクやQRコードを貼ってお願いする方法もあること
・今回は10問の質問で3~5分程度で回答できるが、30~50問のボリュームになった場合にどうなるか?
はじめはメール配信を予定していましたが、メールアドレス獲得のハードルが高いことがネックでした。
歯科医師会さまの事業として提案するのではなくて、ホームページに告示していただく形でご協力をお願いするという方法もあるのではないでしょうか。

ある程度回答が集まったら事例として提示できるし、予備アンケートで得られた結果から問題点と解決策の糸口が見えてきたらいいなと思っています。



歯科のアンケートに答える
質問QRコード

上記のQRコードは、歯科のアンケートサイトに直接リンクしています。

医科の方は、こちらにご協力いただけますでしょうか。


医科のアンケートに答える



ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ





mekkingishi-nurse.hatenablog.jp





先日の新年会で会えなかったディーラーさんに、メールしなくちゃと思っていたら。
なんと昨日の夕方に、彼が新年のご挨拶にわざわざ来てくれました!
ものすごいタイミングです。

体調が悪いので、早退して病院に行ってこようかなと思っていたところでした。
彼なりの忌憚のない感想と意見を聞くことができました。
日本の歯科医院の現状も、改めて理解できました。

プロジェクトの成功につながるアイディアもいただきました。
基本的なプランは変わりませんが、どこに実施の協力をお願いするかが問題。
このハードルが非常に高いのです。
そのための企画書も、まだ手付かず。

でも、サンプル的な実施プランが浮かびました。
私の中材サイトを使って試験的にやってみようと思います。
誰もやったことがないものなので、説明するにもイメージが湧きにくい。
こんな感じです、という実例を提示できれば話が進むのではないでしょうか。

日本の歯科医療を憂う彼の本音に触れて、ますます意欲が高まりました。
ありがたいことです。
今年も新年から、トップギアで改進します。




ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ





mekkingishi-nurse.hatenablog.jp





↑このページのトップヘ