google-site-verification: googlef91170353ec39d61.html

笑顔と涙よ、こんにちは

自分に気づく。そこから行動が変わり、気持が楽になっていきます。ため息は心の深呼吸。ちょっぴり上を向いて笑顔になりませんか?

第1種滅菌技師

先日、大学の図書館主催のセミナーを受講しました。
英語の論文の書き方です。

日本語の論文と倫理規定は同じですね。
ジャーナルに投稿した後の「査読」について、勉強になりました。

日本国内の学会に投稿した場合も、査読者との質疑応答を経て論文が完成します。
ここを感情的にならずに、丁寧に対応することが重要。

英語論文の場合は、最終的には有料の専門家にチェックしてもらうことになるので、まずは書くことが大事だそうです。
目先の文章をこねくり回していては、いつまで経っても書けない。

根本的に、日本文を英訳するのとはまったく違います。
研究的な思考と表現は、英文が向いているようです。
無駄な接続詞は使わない。
データに基づいた事実を的確に述べる。
推測や曖昧な表現は不要。
1文は17語以内に短くする。
Introduction(序文)
Conclusion(結論)
Title(タイトル)は、読者の注意を引く短いもので、原稿の内容を適切に表現し情報豊富で簡潔さが要求される。
そして、キーワード。

まさに、ブログと一緒でしょう?
とっても、webライティングと似ています。
親近感が増しました。

今のところ、英語の論文を書く予定はありません。
日本語で日本の学会に論文を投稿する準備中です。
それに、英語のAbstract(抄録)が必要なだけ。

趣味で続けてきたブログ、こんなところでも役に立つんだなぁ。
しみじみ思いました。



ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ




mekkingishi-nurse.hatenablog.jp



www.ryokoblog.com


 


www.ryokoblog.com





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

11月の講演のスライド作りにハマっています。
とっても楽しい。
常に頭の中で思考が回っている感じ。
朝目覚めたら、アイディアがパッと浮かんできます(笑)

限られた時間の中で、何をどのように伝えるか。
伝えたいことだらけで、絞り込むのに苦労します。
理解してもらうことが目的ですから。
内容の選択とバランスが難しい。

今回はプログラムを先に決めてあったので、その順番でスライドを展開します。
60枚以内を目標に、おおまかなレイアウトを決めてから作り始めましたが、やはり枚数が増えてゆく。
気の済むように作ってから、調整します。

「伝えたいこと」
絞り込む作業は、とても勉強になります。
重要なことの全体像を常に意識しながら選択する。
優先順位を考える。
関連性を考える。

説明を工夫すると、どんどん中材ブログの記事が浮かんできます。
今はまだ記事を書く時間的余裕がありませんが、頭の中にはいっぱい詰まっていますね。

私は滅菌器の製造については素人。
何が得意かといえば、中材の現場経験が長いことと「歯科」に特化していること。
看護師としての医科の知識を踏まえて、歯科に置き換えることができる。
足りないところは、内視鏡に関わっていないことと、EOG以外の低温滅菌器を操作していないこと。
減圧沸騰洗浄器は欲しいけれど、触ったことがないし。

減圧沸騰洗浄器といえば、実際に使っている施設では、洗剤の使用量が半端ないとのこと。
汚れ落ちは抜群なのですが。
減圧沸騰洗浄器は、そもそも洗剤なしでもそれなりの洗浄力があるのだから、洗剤メーカーの使用量に従わなくてもいいのではないかと思う。

実際に汚れの残留を確認しながら、独自に決めていいでしょう。
当院の洗浄では、メーカーの使用量の半分の濃度で汚れが落ちるので、ランニングコストは1/2です。

そういえば、歯科のメーカーさんに洗剤のサンプルをお願いしてあるのだけれど、10日以上経っても音沙汰がない・・・。
送られて来ないかもしれませんね。
サンプルで何をするのか、察しているのでしょうか?
それはそれで敬意を表しますが。




ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ




mekkingishi-nurse.hatenablog.jp



www.ryokoblog.com


 


www.ryokoblog.com





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

先日の特定共同指導の結果。
院長が、厚労省の方々から中材をとても褒められたそうです。
口腔外科の教授が、わざわざメールで知らせてくれました。

嬉しいですね。
張り切って説明した甲斐がありました。

2012年に別のフロアから移設した中材です。
私ひとりでレイアウトと機器の選定をしました。
移設後に、再度改築をしています。
第1種滅菌技師の資格を取るずいぶん
前でしたが(笑)

制約の中での作業動線や機器の配置など、苦労しました。
CADなんて使えないので、エクセルで図面を書いて会議に提出しましたよ。
ものすごく苦労したけれど、よい経験になりました。
今では、楽しい思い出です。

日々のモニタリングとPCD記録。
浸漬洗浄と機械洗浄のW洗浄。
WDによる熱水消毒。
スタッフの安全管理と清潔で明るい室内。

厚労省が第1種滅菌技師を専門職として高く評価していることは周知のとおりですが、実際の活動を褒められたのは、とても嬉しいことです。
モチベーション上がります!

これからも頑張ります。



ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ




mekkingishi-nurse.hatenablog.jp



www.ryokoblog.com


 


www.ryokoblog.com





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

DSC_4770

お茶の水駅を出て聖橋を渡ると、古い建物がそびえ建っています。
東京医科歯科大学。
1号館9階の特別講堂で、歯科感染管理者継続セミナーが開催されたので、受講してきました。

憧れの柏井伸子さんと名刺交換。
セミナー終了後、すぐにメールをくださって大感激!
札幌テイネ歯科口腔外科クリニック院長の北所先生とも親交があり、ぜひ一度クリニックを見に来て欲しいとお伝えしました。

DSC_4762

交差点の周囲に、神田神社(神田明神)と湯島聖堂が並んでいます。
手水舎でお清めし門で会釈して神田神社の中へ。

DSC_4764
DSC_4767
DSC_4765
DSC_4763
DSC_4768

人通りが絶えません。
外国人も多くやってきます。
お賽銭と感謝の報告。

DSC_4769

湯島聖堂 http://www.seido.or.jp/ *保護されていない通信です
ここでも、御朱印帖がもらえるらしい。
お賽銭してきました。
大人200円で、内部の観覧もできるそうです。


DSC_4756
DSC_4757

人が近づいてもまったく逃げない白い鳩さん。
守り神?
緑の濃い散歩コースですね。
「蚊に注意」の札がありました。

9月1日(日)の東京は晴れ(薄曇り?)
気温32℃
北海道人の私には厳しい炎天下。
日傘も、あまり効果ありません。
吹き出す汗を拭いながら歩きました。



ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ




mekkingishi-nurse.hatenablog.jp



www.ryokoblog.com


 


www.ryokoblog.com





水曜日に、報告会が無事終了しました。
6月に医療器具の再生処理の現場を視察した結果の報告会です。

問題点を指摘し、具体的な改善案が提示されました。
同時に、優れている面についても評価されました。

院長と、歯科衛生士長、看護部主任と私が同席しました。

現場の思い、問題の共有、将来的な構想について、熱心に語り合いました。
院長に中材業務を理解してもらう貴重な機会となり、期待をはるかに超える成果を得ることができました。

ワタキューセイモア株式会社の熱意にあふれた取り組みには、本当に頭が下がります。

歯科領域に特化できる中材の委託業者さんは、ほとんど存在しないのではないでしょうか。

ワタキューセイモア株式会社では、伏見了先生が本部の学術部長として精力的にご活躍されています。
ご縁を頂戴できたこと、心から感謝しています。

自分の職場を、よりよくすること。
自分の看護人生の目標を達成すること。
日本の歯科医療に貢献すること。

自然に協力者とのご縁が増えて行きます。
さまざまなチャンスに恵まれています。

第1種滅菌技師の資格に挑戦したことが、すべての始まりでした。
私の人生が、大きく動き始めています。

ご縁がつながった方々と、与えられた機会に感謝します。

無駄なことは何一つありません。
どんな仕事も、未来につながる重要な要素です。

楽しんで大切に取り組んで行きます。

ありがとうございます。





今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ




mekkingishi-nurse.hatenablog.jp



www.ryokoblog.com


 


www.ryokoblog.com





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ