google-site-verification: googlef91170353ec39d61.html

笑顔と涙よ、こんにちは

自分に気づく。そこから行動が変わり、気持が楽になっていきます。ため息は心の深呼吸。ちょっぴり上を向いて笑顔になりませんか?

第2種滅菌技士

第1種滅菌技師の実技講習の時に「第1種滅菌技師」としての責務について話されました。

日本の中材業務のレベルアップのために、活動を行うこと。

どのような活動で、自分の役割を果たすのか。


私は、たまたま歯科に長く勤務していたので、歯科の現状に一石を投じたい思いで頑張っています。

しかし、歯科だけにとどまらず、医科においても個人経営の病院や医院では、レベルの低さが水面下で大きなウェイトを閉めているのが現実のようです。


問題意識や、興味関心を持って勉強しようと思ってくれるところは、まだいい。
間違いや危険に気づかずにいる多くの医療施設を、どうやって底上げするのか。

医学・歯学教育のカリキュラムに含めなければ、卒業後は勉強のチャンスが限定されてしまいます。

診療報酬やドイツのような開業許可制度に盛り込まなければ、現実を変えることは難しいのではないかと感じます。

「看護師を国会に」というスローガンで看護師の議員が活躍してくれました。
そのお陰で、看護婦/看護士は「看護師」に統一できたのです。

医療従事者の資格のない人も、誰でも中材業務を行うことは可能です。
中材業務についての教育制度やシステムは、現状での急務であると考えます。

日本医療機器学会の認定制度は、質の向上に重要な役割を果たしましたが、認定講習は「学べる」場には程遠いような気がします。
大部分が、個人の努力に任されているのではないでしょうか。

認定資格を取得しても、各人の知識と理解のレベルは様々であり、得意分野も異なります。
60点台でも合格した方がいると聞いて、驚きました。
明確な認定基準はないのでしょうか。

そして、医療が専門分化してきたように、使用済み医療器具の再生処理も、専門分化させて掘り下げる必要があると思います。


日本医療機器学会は「医療機器学」としての学問を確立しようとしています。
しかしながら、まだ世界のレベルに達していない部分もあり、世界基準から逸脱しているとも言われています。

2020年ガイドライン改訂を1年先延ばしして、どのような内容に進化しようとしているのでしょうか。

・組織の運営と経営
・業務の品質管理
・リスク管理
・教育

これらを通して、実務のレベルアップを図ることが最終目的だと考えます。




ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ




mekkingishi-nurse.hatenablog.jp



www.ryokoblog.com


 


www.ryokoblog.com





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

第94会日本医療機器学会が、2019年6月13日~15日の3日間大阪国際会議場で開催されます。

学会2日目6月14日(金)の18:30~19:45(予定)
「滅菌業務管理に関する特別講座」が開催されます。

学会の参加証を提示し申込用紙を提出すると、無料で参加できる講座です。
定員はありませんが、会場内に入れない場合はライブビデオ映像を供覧します。

これは、おそらく私が先日受講したハンズオンセミナーと同じ内容だと思われます。

作業手順書(マニュアル)の必要性がとてもよくわかります。

目的と必要性、具体的な内容(書き方)が示されるので、ぜひ参加していただきたいと思います。

世界最先端の洗浄と消毒に関する情報や、研究開発された新しい洗浄評価の方法についても紹介されると思います。

特に歯科関係者の方々は、世界レベルの洗浄と滅菌・消毒を学ぶチャンスです。
学会正会員以外の当日参加登録は11000円です。
国際会議場10F総合受付
13日(木)15:00~18:00
14日(金)8:00~17:00
15日(土)8:00~16:00

一般社団法人日本医療機器学会ホームページ

洗浄評価の研究開発や、洗浄剤のバリデーションなど、日本の医科でも立ち遅れている分野について、最新の知見を得ることができます。

企業展示の内容については、学会誌には詳しく載っていませんが、歯科用ハンドピースの洗浄評価ができる新しいチャレンジデバイスなども紹介されるのではないでしょうか。

残念ながら、私は参加できませんが、会場の熱気が伝わってくるような気がします。

日本医療機器学会のご案内には、主催者等についての記載がなくシークレットセミナーかな?と思い、ここにはあえて主催者の情報は載せませんでした。
日本医療機器学会員の方は、今年の学会誌「医療機器学 4 予稿集」をご覧ください。



ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ




mekkingishi-nurse.hatenablog.jp



www.ryokoblog.com


 


www.ryokoblog.com





2017年の滅菌供給業務世界会議で開催されたハンズオンセミナーを、札幌で受講する機会に恵まれました。

日本医療機器学会のガイドライン策定が遅れており、発行は2021年になるのでは?という情報がありました。

「明日からできる洗浄評価とプロセス改善のヒント」
主催:エスエムピー・ラボラトリーズ・ジャパン株式会社
共催:株式会社竹山、株式会社ニチオン

日時:2019年6月9日(日)13:00~17:00
会場:株式会社竹山本社9階
会費:1000円
定員:30名 *事前申し込み制
持ち物:可能なら腐食、錆びた較正小物をお持ちください。

<プログラム>

第一部13:10~14:40
講師 ウルス ローゼンベルグ博士
ハンズオントレーニング
・医療機器のメンテナンス(錆・腐食の防ぎ方)
・プロセス改善のヒント

第二部14:50~16:20
講師 クラウス ロス
ハンズオントレーニング
・目視判定の仕方
・残留タンパク質抽出
・院内でできるヘモグロビン測定

第三部 16:20~17:00
・ディスカッション
・受講証発行 

まさに目からウロコの新事実が明かされ、日本医療機器学会のガイドラインも十分ではないことを知らされて、とても驚きました。

何事も疑いを持って「確認」が必要ということは、本当に何にでも当てはまるのだなと改めて感じましたね。

世界レベルの再生処理の研究や進化の情報をキャッチし、日々の業務に活かして行く責任の重さを痛感しました。

今、正しいとされて信じていることが、明日も正しいとは限らない。

つくづくそう思います。


このハンズオンセミナーについて、ブログに書いてもよいという許可をいただきましたので、中材ブログの方に詳しい内容を書きたいと思います。

株式会社ニチオン様では、歯科のメーカーともタイアップして「洗える」「滅菌できる」安全な歯科器具の開発にも着手しているそうです。

ブルーオーシャンの歯科の世界の洗浄と滅菌、消毒。

日本の歯科医療にも明るい兆しが見えていることを、嬉しく思います。

変らなければ生き残って行けない時代ですから。

眼を開き、聞く耳を持って、企業としての役割を果たして欲しいと思います。


エスエムピー・ラボラトリーズ・ジャパン株式会社

株式会社ニチオン http://www.nition.jp/ *保護されていない通信です

株式会社竹山



ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ




mekkingishi-nurse.hatenablog.jp



www.ryokoblog.com


 


www.ryokoblog.com





最近、中材サイトの記事をアップできていません。

書きたい事は山ほどあるのですが(笑)

昨日、一緒に研究をしていただいている先生に、そのブログを見てもらいました。

すると、フタッフにすぐに電話して知らせてくれたそうです。



今の世の中は、様々な情報が無料で手に入る時代になっています。

必要としている人が、簡単に求める情報を活用できる。

そういうサイトが目標です。

書籍は、書籍の良さがあるので否定しません。

実際に、ガイドラインなどは、無料でダウンロードできるものが出版されています。


それは、ユーザーがすきな方を選択して使いこなしてくれたらいい。


企業も「社内秘」で貴重な情報を抱え込まずに、もっと広く情報公開した方が、将来の発展に直結するのではないかと思っています。



Twitterで見かけた言葉に「give&give&give」で情報発信する、というのがありました。

まさに、その通りだと思います。


自分自身に役立つ必要な情報は、より多くの人々に活用してもらいたい。


無料だから価値がないわけではありません。

無料だから、信ぴょう性がないわけではありません。


これだけいい加減な恐ろしい内容の高額な書籍がたくさん売られている事実を知ってから、ますます「情報」の重要性を考えるようになりました。


本を買うのは、買った本人に選んだ責任があります。

間違った内容を信じて行動しても、その本は責任を取ってはくれません。

インターネット上の情報も、同じです。


現在、正しい知識だと世の中に認知されていることも、科学の進歩とともにどんどん変わっていきます。


本作りは、リアルタイムではないところに落とし穴があるような気がします。

誰も、嘘八百を書こうと思って出版する人はいないでしょう。

自分が信じて実践してきた事実を、正直に書いているのでしょう。


責めたり批判するつもりはありませんし、虚しいだけです。


私の知識と経験がどれだけ正しいのか、目的と根拠に合致しているのか、確認する意味もあって書いています。


これまで行動してきたことが、新しいご縁に繋がり、私の世界が広がってきました。

きっと、これからも変化し続けるのだろうと思います。


自分の信じる道を進む。

ただ信じて進むのみです。








ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ




mekkingishi-nurse.hatenablog.jp



www.ryokoblog.com


 


www.ryokoblog.com





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

11月、インプラント関係の洗浄・滅菌について1時間の講演依頼を受けました。

お声掛けいただいたら、スケジュールの許す限り喜んでお受けしています。
今のところ、お断りするほどのラッシュではないので、余裕です(笑)

GWが明けたら、さっくりと準備を始めます。



8月の講演のスライドと中材ブログの記事とで、かなり洗浄・滅菌と感染制御に関することの全体像がまとまってきました。

それらを踏まえて、書きかけの歯科用テキストも随時加筆修正しています。
表紙も入れて80ページを超えました。
まだまだ増えます。

始めに予定した目次の項目も少しずつ変更を加えています。

最終的には「索引」も付けたいので、完成してからも一作業ありますね。

時間が経ってから読み返すと、書いた当時の熱量が伝わってきます。
ちょっと熱すぎる表現は、サラリと書き直します。
ムキになったり、断定的であったり、批判的な表現は極力避けているつもりなのですが。

どうしても強い表現になってしまうのがやむを得ない部分もあるので、全体のバランスを整えます。


なるべくストレスなく読めること。
わかりやすいこと。
必要な箇所を調べやすいこと。

この3つにこだわって頑張っています。


途中で一部分プリントしたものを、中材の関係者等に見てもらっています。
質問や感想を聞いて、内容に反映させます。

「わかりやすい」と言ってもらえると、本当に嬉しいですね。

ある程度知識と経験がある方には、わかりやすくて当然なのですが、問題は基本をまったく知らない人達。
または、間違ったやり方を信じて実践している方々。


相手のこれまでの努力や思いを踏みにじらないように配慮しつつ、わかってもらえるよう工夫します。


最後に買った本が1冊丸ごと✖だらけの悲惨な内容で、現場の間違いを具体的に示す実例にできるので、とても重宝しています。

こんなこともやっているんだ、と私が知らなかった開業医の独自のやり方が、面白いですね。


わざわざスタッフが手作りしている滅菌バッグも、指穴加工付の安価な既製品が多数流通しているので、手間暇かけて人件費を計上している現実もあります。

製品の購入は、どのディーラーやメーカーから購入するかで大きく違ってくるし、医科と同じではないでしょう。

当院では「私価格」が存在しています。
価格交渉は、自信あります。
態度のデカいおばちゃんなので(笑)


歯科医院は規模が小さいので、販売の梱包単位を小さく設定してくれる業者さんが必要です。
地域の歯科医院全体をカバーしてくれる販売網が欲しいですね。

ネット通販やバラバラに注文するのではなく、ある程度製品の質と規格を揃えて共同購入的なシステムがあればいいのになぁ。

消耗品の購入実態はまったくわかりません。

そういう情報交換を、歯科ではやっていないのでしょうか?

大きな病院では、院内にSPDシステムがあって、現場がいちいち在庫管理や発注・補充作業をしなくてもよい環境にあります。
使ったものが自動的に補充されるので、高額な在庫を抱えずに済みます。

期限切れの廃棄もなくなります。


歯科医院も、自動的な定期配送など合理的なシステムを開発してもらったらどうでしょうか?



ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ




mekkingishi-nurse.hatenablog.jp



www.ryokoblog.com


 


www.ryokoblog.com





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ