google-site-verification: googlef91170353ec39d61.html

笑顔と涙よ、こんにちは

自分に気づく。そこから行動が変わり、気持が楽になっていきます。ため息は心の深呼吸。ちょっぴり上を向いて笑顔になりませんか?

キュビズムカット®

DSC_3713


キュビズムカット®のクープルキュビ(ヘアカッター)に使うカミソリの替刃を買いました。


DSC_3714


いつもよりも大きめの箱でしたが、開けてみるとオマケが。


DSC_3715


新製品の顔そり用のカラフルな剃刀が5本。



DSC_3716


これがいつものセットです。

使用済みの替刃を捨てるのに、収納する専用の缶がついています。

10枚入×5ケース/箱を使い切っても、この缶は一杯にはなりません。

毎回付いてくるのがもったいないように感じますね。


今週の土曜日には、婆ちゃんのカットと毛染めをしてあげます。

頭頂部の髪がペタンコで白髪がすぐに目立ちます。

カットでトップの髪を立たせボリュームアップして、若々しさを取り戻します。

髪が立つと、根元の白髪が見えにくくなるので、若々しさが持続します。



私にやってもらうことを友達に話しているらしく、「カラー剤は1500円くらいの高いのを使わないと髪が痛むよ」と言われたそうです。

で、1400円+税のカラー剤を買ってきました。

色はチョコレートブラウン。

似合うといいな。




ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ





www.ryokoblog.com


 


www.ryokoblog.com





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

先日お邪魔したキュビズムカット協会の本部講習会でお渡ししたセミナーのテキストが、お役に立てたようで嬉しいです。


DSC_3611



ご自分で講習会のフライヤー(チラシ)を作りたいとのことで、わたしがこれまでに作成したWordの原稿を全部お渡ししました。

それを利用して写真と文言を一部修正すれば使えるのでは、ということで。



新しいことに挑戦し、まず「自分でやってみる」という行動は、大きな力になります。



Wordで作成する場合のポイントは、次の通りです。

①挿入画像の加工:人物の背景処理

②挿入画像の移動方法

この2つがわかれば、何とかなるでしょう。


全体の背景は四角のオブジェクトを挿入して、色と大きさを調整します。

または、写真やイラストでもかまいません。



テキストボックスや写真が背景のオブジェクトの上に来るようにします。

オブジェクトを右クリックして、最背部に設定すればOKです。



Excelに挿入した人物画像の「背景を削除」で加工します。

「残すマーク」(+)と「削除するマーク」(―)を使って加工します。

出来上がったら加工した画像を「変更を保存」で確定します。



次に「名前をつけて保存する」し、保存先を「web」に指定して「保存」します。



この時、確認のコメントと音が出ますが、ビビらなくても大丈夫!

「はい」をクリックして「保存」しましょう。



保存したファイルではなく「丸いマーク」の方をクリックすると、画像が表示されます。

表示した画像を右クリックで「名前をつけて保存」します。

これで、挿入画像の完成です。




作成したフライヤーを北海道から兵庫県で確認してもらうには、Wordのデータを画像データに変換しなければなりません。

自分で印刷用にPDFにも変換できます。

PDFは、LINEやFacebookには添付できないのですが、画像データに変換すると添付が可能になり簡単に確認ができます。



修正等があれば、何度かやりとりして完成となります。

あるいは、Wordをメールで送り、ご自分で修正していただくことも可能ですね。




印刷は、わたしはラクスルに依頼しています。

その際の入稿データは、ラクスルのWordのテンプレートで作成します。


WordyとExcelが使えれば、ペイントソフト等を使わなくても、素人のレベルでフライヤーが作れます。



さあ、あとは実際にやってみるだけですね。

頑張ってください!






ありがとうございます。

今日も笑顔になれたでしょうか。

あなたの幸せを祈って。

りょうこ





flow-care.com



flow-care.com



flow-care.com




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

夙川を訪れた後は、神戸メリケンパークオリエンタルホテルに宿泊しました。


DSC_3591



DSC_3590


テラスから景色を一望できます。

神戸の夜景、美しいですね。



夜中にチェックインすると、予約した部屋よりも広いお部屋が用意されていました。

DSC_3592


両手を広げてもまだ余裕のある広いベッドです。

枕も長さがあって、固くてしっかりした枕と普通の枕がありました。

普通の枕で、沈み過ぎず快適に眠れました。

お布団も、ちゃんとカバーに収納されているので、シーツだけのベッドのようにカバーが分離しません。

マットレスも最高です。


スーペリアダブルで35㎡もあるお部屋。

1人で泊まるのがもったいない?


DSC_3593


DSC_3595


バスタブも大きいのですが、朝はシャワーだけでした。

アメニティに化粧品が含まれていなかったので、1泊用の化粧品セットが役立ちました。



ホームページから予約すると4万円以上のお部屋ですよ。

飛行機はマイルで無料。

楽天トラベルをよく利用するのですが、14110円で予約できました。

普通のセミダブルで33264円からで、約24㎡のお部屋のはずでした。



DSC_3597


西日本の朝日です。

DSC_3605


DSC_3606


北海道とは10℃も気温差があります。

朝の空気は心地よく快適でした。


DSC_3601


朝食は明るくて広く、港が見渡せるテラスレストラン「サンタモニカの風」でバイキングでした。

比較的和食が充実していたように感じます。

食欲がなかったので、ごく軽い食事で済ませました。


ぐっすり眠ってスッキリ目ざめたので、二日酔いなんてありませんよ~。


シャトルバスで三宮へ行き、ポートライナーで神戸空港へ向かいます。



先にお土産を買ったのですが、中にANAフェスタがありました。

1泊にしては大きすぎるカバンは、行きも帰りもお土産で一杯でした。



神戸は3回目ですが、今度はゆっくり滞在して観光もしたいですね。



ありがとうございます。

今日も笑顔になれたでしょうか。

あなたの幸せを祈って。

りょうこ





flow-care.com



flow-care.com



flow-care.com






DSC_3554


夙川でランチしました。

「馳走侘助」

夙川の超人気店です。

DSC_3552


DSC_3553


金魚とサンタがお出迎え。


DSC_3547


入り口を入った待合も、落ち着いた和のたたずまいでほっこりします。



DSC_3548


メニューも見ましたが、やっぱりランチの「手打蕎麦御前」¥1800(税込)がいいですね。


DSC_3549


いやあ、食べごたえあります。

ご飯も味が付いていて美味しかったのですが、わたし的にはご飯抜きでその分お蕎麦を多くして欲しかった(笑)

DSC_3550


〆はもちろん蕎麦湯。

DSC_3551


かわいい木製の急須は、冷めにくくていいですね。


ゆっくりといただいた後は、キュビズムカット協会の本部講習に戻ります。


近所のセブンで、コーヒーと差し入れの飴ちゃんを調達。


細い坂道がゆっくりと交わる夙川の空気を、いっぱい吸ってきました。




ありがとうございます。

今日も笑顔になれたでしょうか。

あなたの幸せを祈って。

りょうこ


flow-care.com



flow-care.com



flow-care.com


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

DSC_3571


夙川での懇親会です。

特別会席料理と地元の歴史ある酒蔵のお酒を、思う存分堪能しました。

「前菜」の献立は、

鴨ロース煮

柿とむかご占地茸の白和え

鮭の蕎麦米蒸し

吟醸粕入り自家製豆腐

クリームチーズ粕漬け


DSC_3570


お品書き。


DSC_3569


駐車場からのアプローチも、幻想的な雰囲気でした。

DSC_3582


「白鹿クラシックス」

蔵元直営のショップ&レストランです。

http://classics.hakushika.co.jp/ *保護されていない通信です


白鹿HAKUSHIKAオフィシャルサイト


DSC_3574


「椀物」

清汁仕立て 名残鱧葛叩き


DSC_3575


「造り」

季節のお造り五種盛り



DSC_3576


「揚物」


富山産白海老の寄せ揚げ



DSC_3579


ジューシーでとろけるお肉です。

DSC_3578



「台物」

黒毛和牛ロース炭火焼



DSC_3580



「〆」

自家製十割蕎麦


お昼にもお蕎麦をいただきましたが、二八蕎麦でした。

十割でこの艶とのど越しは絶品!

おかわりしたいくらいです。



DSC_3581


「水菓子」

季節の果物

たいへんおいしゅうございました。

ごちそうさまです。



DSCPDC_0000_BURST20181126184224300


日本酒の飲み比べは、嬉しいですね。

甘口、辛口、香り、それぞれの違いがはっきりとわかります。


わたしはお行儀が悪くて、コップ酒(笑)

素敵なお猪口は使いませんでした。



氷を入れたデカンタは、和風のまるいデザインと色合いは日本酒にぴったり。

「白鹿」は辰馬本家酒造のブランドです。

米・芋焼酎もあります。



静かな個室で、ゆったりと過ごしました。

夢のようなひとときです。




ありがとうございます。

今日も笑顔になれたでしょうか。

あなたの幸せを祈って。

りょうこ




flow-care.com



flow-care.com



flow-care.com


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ