google-site-verification: googlef91170353ec39d61.html

笑顔と涙よ、こんにちは

長女、妻、母、看護師、第1種滅菌技師である私の日記ブログです。 願いは行動すると叶う。 実感中。

カテゴリ: 仕事

来年度の購入申請に、性懲りもなく三浦工業の減圧沸騰洗浄器を希望した。
シャープから、真空超音波洗浄消毒乾燥機という新製品が出ている。
減圧沸騰洗浄器はメカニズムや7操作方法などイメージで来ているのだが、シャープの方はイマイチ。
特に乾燥工程がよくわからない。

洗剤の使用量が半端ないことは想像がつく。
それ以外の部分が不明。
どうも、ダヴィンチとかラパロ鉗子等の洗浄用に開発されたようだ。
専用の接続ラックがある。

日本のどのへんで、何台くらい売れているのか。
北海道で営業する予定があるのかどうか。

定価ベースで200万円くらい高かった(笑)
値引き幅も少ない。
付帯設備工事の見積もりもわからない。
が、ざっくり1000万は超える見込み。

あはは、無理か~?

減圧沸騰洗浄器も真空超音波も、歯科用ハンドピースの適応は確認されていない。
歯科のメーカーさん、そこをまず頑張って欲しいな。

洗浄後の乾燥と注油が確実に行えたら、大丈夫なんじゃないかと私なんかは単純に考えている。
ウォッシャブルタイプが販売されるかなり以前から、某メーカーの営業さんは「水洗いしてもいいよ」と教えてくれていた。

浸漬は無理だけれど、流水下で洗うのはOKだと。
彼を経由して正式に質問したら、会社としての回答は一般的な内容だけだった。
それは仕方のないことなのかもしれない。

「ハンドピースは洗わなければ使えない!」
そういう前提と認識で、しっかりと考えて欲しい。

そうすると、世界に先駆けた新発想の開発が可能になる。
日本人って、そういうの得意なはずなんだけどなぁ。

今週の初めに、借りていたロータリーシーラーのデモ機が引き取られていった。
次々と道内を転々とするらしい。
一度使ったら、絶対に欲しくなる。

だって、便利だしシールチェックと結果の保存が簡単にできるのだもの。
印字のオンオフもワンタッチ。
日付も自由に変えられる。

歯科用の「コットンガーゼ、綿、ポール綿」のセットが、既製品にできそうな気配。
というか、すでにサンプルを確認して問題なし。
あとは価格交渉だけ。
輸送コストを下げるために、梱包単位は1000でも2000でもいいのだ。

毎週何百というセットを手作りしている人件費を換算すると、確実にペイできると思う。
その分、他の作業に回せる。
当院で成功すれば、他の歯科の施設にもどんどん波及するだろう。

滅菌済みの製品の販売はできないそうなので、HOGYの滅菌バッグに包装・シールするところまでのみ滅菌だが、ずいぶん助かる。
病院を説得するお金の試算を作らなければ。
滅菌バッグは、当院ではHOGYさんにこだわっているけれど、安くなるなら他のメーカーの製品でも構わないと伝えてある。
滅菌バッグで価格をどのくらい下げられるか。

新しい発想、実現してくれるメーカーさんに繋いでくれるディーラーさん、夢や希望は「言葉で発信」して「実現」へと繋がってゆく。
不毛な愚痴はよくないが、「こんなのがあったらいいな」は、どんどん発信すべきだと思う。
黙っていたら、一生実現しないから。
ホントにね。





ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ





mekkingishi-nurse.hatenablog.jp





先週の土曜日は、京王プラザホテルで口腔外科の忘年会でした。
寒さもやわらぎ、穏やかな日です。

来賓席のテーブルに席があって、ちょっと恐縮。
記念撮影も、最前列の椅子席でした。
しがない万年主任なのにね(笑)
懐かしい先生たちの顔を見て、楽しかったですよ。

DSC_5097

私の隣の席にいらした先生が、北海道歯科医師会のホープでした。
しかも、先の共同指導では中材で私の説明を聞いたそうです。
素敵な方と親しくなれました。

DSC_5098

お料理の写真を撮れず。
2品食べずじまい(笑)
夢中で話し込んでいました。

来週、伏見先生といろいろな打ち合わせがあります。
その一つについて相談できる強力な味方になってくれるのではないでしょうか。
タイムリーに必要な人材とつながることができました。
本当に感謝です。

その先生と教授と3人で2次会へ。
熱く語り合いましたね。
美味しいお酒もいただきました。

閉店とともにお別れして、私は1人で狸小路7丁目へ。
行きつけのバーですが、かなり久しぶりでした。

IMG_20191207_235003_796

店内はほどよくお客さんがいましたが、マスターは気持ちよくギターを弾いてくれました。

DSC_5100

 DSC_5101

初めて会うお客さんと、27日の御用納めの後に来るからねと約束をしました。
どこのどなた様かわかりませんが。
いつもの個タクさんを呼んで、帰宅したのは午前2時。
飲んで送ってもらうのは、久しぶりです。

13日は病院全体の忘年会。
20日は今月2回目のバイト。
27日は、御用納めです。

いつものように、12月は飲み会で大忙し(笑)



ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ





mekkingishi-nurse.hatenablog.jp





5日は、誰も当番できる人がいないのでお願いします!と泣きつかれて引き受けたバイトでした。
17:06のJRで札幌へ向かいます。

ところが、定時になっても列車が発車せず。
踏切で車が立ち往生しているためとアナウンスがありました。

ヤバいなぁ、間に合わなかったらどうしよう。
ダーリンに送ってもらいたくても、吹雪の夜は運転してくれません。
隣の江別市のJRまで送ってもらおうかどうしようか。

迷いました。

結局、列車内で待機。
吉と出るか、凶と出るか。

ドキドキしながら待つこと30分。
車は移動できましたが、踏切の点検を終えて順次開通するとのこと。
結局43分遅れで発車しました。

バイト先は大通り西6丁目。
札幌駅からタクシーに乗れれば楽勝ですが。
この日はあいにくの大雪で、タクシー乗り場は長蛇の列。
地下鉄へ走りました。

5分ほど待って地下鉄に乗り、降りてから再びダッシュ。
とはいっても膝が痛くて思うように走れず。
早歩きていどですが、息を切らして急ぎました。

4時間の長丁場なので、セブンでサンドイッチと飲み物を購入。
いつもはお弁当を買うのですが、食事の時間は確保できません。
受付が18:59で、ブースに付いたのが19:00ギリギリセーフでした。

地下鉄に乗る途中、同じフロアの別の事業の人に電話をかけました。
「万が一7時に間に合わなかったら、恐れ入りますが電話を留守電にしておいてもらえますか」とお願いしました。

JRの中から、自宅待機の小児科の医師に、Facebookのメッセンジャーで連絡。
ギリギリ間に合うと思うけれど、18:50の確認の連絡は間に合いません。
Facebookでつながっている先生でよかったぁ。

冬はJRのトラブルがあるので、バイトを増やしたくないのよね。
まあ、夏でも事故は起きるけど。

結果オーライだったのですが、あんな思いは二度とごめんです。
あとで、担当者に報告しておかなければ。





ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ





mekkingishi-nurse.hatenablog.jp





昨日の中材実習では、1人だけ意識の高い学生がいました。
問題意識が高く、具体的な質問がたくさんあって、理解力や応用力もある素直な学生です。

今年度の実習から、「今日の実習目標」を発表させるのをやめました。
学生が気持ちよく実習できて、自分に本当に必要な目標意識を持ってもらうためです。
発表される目標は、誰もが似たような文言になり、自分自身の必要性にマッチしていないと感じていたからです。

フランクに「今日は何が見たい?どんなことが知りたい?やってみたい?」と投げかけます。
戸惑う子もいますが、彼女は食いついてきました(笑)
アルバイト等で、臨床経験もあるのでしょうね。
特に確認はしていませんが。

時間の都合で、ATP測定ができませんでした。

学生と触れあうと、日本の歯科医療の一端が垣間見られます。
未来を担う彼女たちに、何を教えたらいいのか。
学校とどのようにかかわったらいいのか。

学校で教わることや行っている事と、私が教える最先端の情報とのギャップが大きい。
それは昔からですが、学生の反応から学校も少しずつ変化して改善された部分があります。
それを、もう少し抜本的な改善に持っていきたいと、ずっと考えてきましたが叶わずにいます。
そろそろ何かをしなければいけませんね。

医療人としてのモラルや倫理観。
科学的な思考と判断。
目的と根拠。
事実の確認。
とても1日の実習で理解してもらうのは無理ですが、体験を通して記憶のどこかにインプットされればいいなぁと思っています。
思い出すきっかけになる体験をして欲しい。

インパクト。
意外性。
納得。
新鮮さ。

学生向けのテキストの案が、また少しまとまってきました。
まずは形にしてみたい。
そのうえで修正する。

いつまでも頭の中でイメージだけ膨らませていても、なかなか全体像が見えてきません。

私自身が、来年2月の検定の準備に半分気を取られている。
17日に伏見先生との打ち合わせがあります。
その後は、また別な関心や準備が必要になってくるかもしれません。
マルチタスクは得意な方ですが、ちょっと限界でしょうか(笑)

我が子よりも若い世代の学生たちと接することは、とても勉強になります。
たくさんの刺激をもらいます。
ありがたいことです。




ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ





mekkingishi-nurse.hatenablog.jp





患者さん用の蛇腹タイプのキャップを発注した。
すると、納入価900円で購入していたものが、いきなり1600円だと事務から連絡が!
あり得ない。

モノタロウでは1000円以下で医療系メーカー品が販売されているというのに。
需要の減少か?
梱包単位でなければ安くしない?

患者さんに蛇腹を使う理由。
1.長い髪の女性や毛量の多い人から頭髪の少ない人までフレキシブルに使える
2.額にゴムが食い込まない
3.ソフトで肌触りがよい

私たちが使っているキャップはHOGYのキャップ。
他社の安価な製品は、ゴムがきつくて食い込み痕が付くので使わない。
先生は、ドクター用のキャップにこだわる人もいるので、そこは好きにさせている。

インターネットで探したら、アズワンやハクゾウからも安い製品が出ていた。
メディコムにも同じような製品があった。
定価は1300円だが、モノタロウで800円くらいで売っている。

大学の歯科売店に見積を依頼。
メディコムのマネージャーさんとお友達なので、特別価格で購入できることになった。
ちょっと嬉しい。

先に発注したディーラーさんはキャンセル。
正直な課長さんなので、価格の変更をまず知らせてくれた。
以前の営業さんなら、黙って高額のまま納入していたかもしれない。
その彼は、退職しているが。

年度末の棚卸も近いことだし、消耗品の見直しをしなければ。




ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ





mekkingishi-nurse.hatenablog.jp





↑このページのトップヘ