google-site-verification: googlef91170353ec39d61.html

笑顔と涙よ、こんにちは

自分に気づく。そこから行動が変わり、気持が楽になっていきます。ため息は心の深呼吸。ちょっぴり上を向いて笑顔になりませんか?

仕事

先日、大学の図書館主催のセミナーを受講しました。
英語の論文の書き方です。

日本語の論文と倫理規定は同じですね。
ジャーナルに投稿した後の「査読」について、勉強になりました。

日本国内の学会に投稿した場合も、査読者との質疑応答を経て論文が完成します。
ここを感情的にならずに、丁寧に対応することが重要。

英語論文の場合は、最終的には有料の専門家にチェックしてもらうことになるので、まずは書くことが大事だそうです。
目先の文章をこねくり回していては、いつまで経っても書けない。

根本的に、日本文を英訳するのとはまったく違います。
研究的な思考と表現は、英文が向いているようです。
無駄な接続詞は使わない。
データに基づいた事実を的確に述べる。
推測や曖昧な表現は不要。
1文は17語以内に短くする。
Introduction(序文)
Conclusion(結論)
Title(タイトル)は、読者の注意を引く短いもので、原稿の内容を適切に表現し情報豊富で簡潔さが要求される。
そして、キーワード。

まさに、ブログと一緒でしょう?
とっても、webライティングと似ています。
親近感が増しました。

今のところ、英語の論文を書く予定はありません。
日本語で日本の学会に論文を投稿する準備中です。
それに、英語のAbstract(抄録)が必要なだけ。

趣味で続けてきたブログ、こんなところでも役に立つんだなぁ。
しみじみ思いました。



ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ




mekkingishi-nurse.hatenablog.jp



www.ryokoblog.com


 


www.ryokoblog.com





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

先月天使病院に緊急入院した友人が、火曜日にがんセンターへ転院したという。
その連絡のLINEに、昨夜気づいた(汗)

LINEは通知のポップがなくなってから不便になったな。

手術予定とのこと。
ということは、治る可能性がある。

ずっと絶食らしく、ずいぶん痩せたそうだ。
お見舞いに行って、モミモミしてこよう。

明日はモエレ公園の花火大会。
雨、大丈夫だろうか。
花火は見に行かないが、近くの温泉に用がある。
1週間前から60分コースのモミモミを予約してある。

先日、藤原さんから電話が来た。
土曜日は花火の客が朝から駐車場を埋めるので、モミモミに間に合わない可能性があるとのこと。
で、予約を日曜日に変更した。

が、しかし。
土曜日に雨の予報が出てきた。
順延すれば、日曜日が花火大会。
せっかく予約変更した意味がなくなる。

どうなるかわかりません。

ようやく風邪のあとの体調不良から回復してきました。
東京日帰りの疲れも癒えてきた。
ここで、藤原さんに仕上げのリセットをしてもらわなければ。

藤原さんに言われてる。
「定年退職しても、ここに通うために稼いでね」
一応再雇用を希望する予定。

先輩諸氏は、きっぱり定年退職するか再雇用1年で皆退職した。
1年待たずに途中で辞めた人もいた。
私も今は余裕で構えているけど、いざ再雇用になったら状況が変わるのだろうか。
やりたいことをやらせてもらえたら、何も不満はない。
給料が3割カットされても、これまで通りの仕事は全部引き受けるつもり。
だって、他にできる人がいないんだから。

私がいなくなった後のことは、実際にいなくなってから残った人が決めればいい。
いくら提言しても、具体的に後任の育成はまったく行われないまま。
私一人が消えたところで、組織の歯車はちゃんと回り続けるのだ。
何も問題ない。

その時が来たら、また新たな道が拓ける。




ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ




mekkingishi-nurse.hatenablog.jp



www.ryokoblog.com


 


www.ryokoblog.com





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

20人近いメンバーで、院内視察と診療録のチェックが2日間にわたり行われます。
かなり前から事務課長が準備に追われていました。

私は関係なかったのですが、中材にも見学に入るので、2グループに分かれていくからと説明を依頼されました。

なかなか皆さん関心がおありのようです。
質問が飛び交います。
順番に説明するのに、せっかちな方もおりました(笑)
「防護マスクは?」
「EOGの配管は?」
「滅菌器のメンテナンスのバックヤードは?」

「どうしてここの中材は、こんなに整備されてるの?」
病院開設当初の初代婦長さんの理念です。
私も第1種滅菌技師だし。

すると、滅菌技師/士の資格のことをご存じでした。
「2種は講習を受ければ取れるんだよね。1種は難しいはず」
はい。
1回落ちて2度目のチャレンジでなんとか合格しました。

まだPCDの説明が残っていたのに、さっさと出ていってしまいました(笑)

当院では初めてのことでした。
もうひとつの病院では3年毎に実施していますが。
初めて準備にたずさわった課長は、本当に大変です。

今朝も5時から出勤して、確認のメールを回していました。
ろくに食事も摂っていないだろうから、朝食用のサンドイッチとお昼のお弁当、飲み物を差し入れしました。
コンビニ弁当で、ごめんね。
最近の我が家はご飯を炊かないので、おにぎりも作れなかったので。

明日も残っています。

頑張れ、課長!院長!



ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ




mekkingishi-nurse.hatenablog.jp



www.ryokoblog.com


 


www.ryokoblog.com





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

朝から張り切ってPCに向かっていたら。
明日のバイトの確認メールがきました。

まったく予定していなかったので、びっくりぽん!

毎月のシフトは、1日だけ当番可能日を指定して、その日しか当番が付くことはなかったのです。
ところが今回、初めて勝手に当番が組まれていました。

思い込みというものは恐ろしいです。
シフト表や当番記録、タクシーチケット等必要書類が事前に送られています。
それらを受け取っているのに、中身をまったく確認していませんでした。

前日に確認メールするようになったのは、数年前。
同じようなトラブルがあったのでしょうね。

シフトの希望を出す時に、当番可能な日は〇、できない日は✖を付けます。
以前は希望日以外は全部✖を付けていたのですが、いつからか絶対に無理な日だけ✖を付けるようになりました。
(面相臭いのも半分:笑)

いつも急な交代に応じてくれる人は、ほぼ決まっています。
その人も都合がつかない場合に限って、最後に私に泣きついてくることが年に1回くらいはあるのです。
だから、空欄の日をわざと作っていました。

その場合は、事前に相談されるのが普通でした。
そういうやりくりの事情は、特に引き継ぎされてはいなかったようです。
する必要もないと思いますが。

明日は、私以外の全員が✖を付けており、私だけが空欄だったので勝手にシフトに入れちゃったそうです。
〇じゃないのよ?
当番可能ですっていう意思表示はしていないのよ?
そこに勝手にシフトを入れるの?
空欄は勤務可能って誰が決めたの?いつ決まったの?

気づかなかった私も悪いけど、そもそも勝手なシフトを組む方がおかしいでしょう。
急な交代で、いつも迷惑をこうむる人には申し訳なかったです。
そこは素直にごめんなさい。

前日の確認メールがあって助かったわ。
そうじゃなかったら、すっぽかしていたもの。
えらいこっちゃ!

2~3年前から、前日に確認メールが来るようになったのよね。
当番をすっぽかす人がいたのかしら。
PHSを持って自宅待機する医師が、PHSの電源を入れ忘れることはよくあったけど。
そういう場合は、勤務先か自宅に電話していた。

長いことやっていると、こういう初体験もあるのね。
そろそろ潮時っていうことかなぁ。
・・・なんてね(笑)

定年退職だし、バイトも辞めようかなって思うことはある。
まだ辞めないでくれって言われるから、続ける気でいたけれど。

表彰式とかプレゼンとか学会のシンポジウムだとか、バイト業務以外の対外的なことは頼まれて全部引き受けてきた。
道外出張の旅費は出たけれど。
市内の交通費や日当はなしだったからね。
全部ボランティア。

AIのチャット相談が軌道に乗れば、いずれはすべての業務を第3セクターへ委託することになると思っている。
本来なら4~5年前に23時~翌朝8時まで事業拡大した時に、すべて民間業者に委託することも可能だった。
それが、私たちの活動が高く評価されて、19~23時の業務は創設からの体制をキープする2本立て体制になったのだ。

それも、いつまで続くのだろう。

無常。

必ず変化の時は来る。



ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ




mekkingishi-nurse.hatenablog.jp



www.ryokoblog.com


 


www.ryokoblog.com





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

水曜日に、報告会が無事終了しました。
6月に医療器具の再生処理の現場を視察した結果の報告会です。

問題点を指摘し、具体的な改善案が提示されました。
同時に、優れている面についても評価されました。

院長と、歯科衛生士長、看護部主任と私が同席しました。

現場の思い、問題の共有、将来的な構想について、熱心に語り合いました。
院長に中材業務を理解してもらう貴重な機会となり、期待をはるかに超える成果を得ることができました。

ワタキューセイモア株式会社の熱意にあふれた取り組みには、本当に頭が下がります。

歯科領域に特化できる中材の委託業者さんは、ほとんど存在しないのではないでしょうか。

ワタキューセイモア株式会社では、伏見了先生が本部の学術部長として精力的にご活躍されています。
ご縁を頂戴できたこと、心から感謝しています。

自分の職場を、よりよくすること。
自分の看護人生の目標を達成すること。
日本の歯科医療に貢献すること。

自然に協力者とのご縁が増えて行きます。
さまざまなチャンスに恵まれています。

第1種滅菌技師の資格に挑戦したことが、すべての始まりでした。
私の人生が、大きく動き始めています。

ご縁がつながった方々と、与えられた機会に感謝します。

無駄なことは何一つありません。
どんな仕事も、未来につながる重要な要素です。

楽しんで大切に取り組んで行きます。

ありがとうございます。





今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ




mekkingishi-nurse.hatenablog.jp



www.ryokoblog.com


 


www.ryokoblog.com





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ