DSC_4405

先日、セミナーの前にお買い物をして歩いて限界に達し、急きょ杖を買いました。
最初目についたのは、長さが調整できないタイプで長すぎました。
1本だけこの色柄の杖があって、一番短い長さに調節して快適。
杖らしくないデザインでしょ?
とってもお気に入りです。

DSC_4406

かなりお高かったのよ。
でも、気に入ったからよし。

こういうのって、出会いだからね。

去年の足首の靭帯損傷の時は、ダーリンが買ってくれたアームホルダー付のごつい杖を、病院内でも使っていました。

こちらの杖の方がかさばらなくていいです。
でも、温泉には持っていけない。
盗まれたら困るもの。
杖が入る縦長のロッカーがある温泉ならいいけれど。
銭湯式の四角いロッカーの所へは、持って行かない。

手首に掛けるベルトを付けようかな。

杖には、大きく分けて3タイプありました。

・伸縮タイプ
・折り畳みタイプ(地味な収納ポーチ付きもあり)
・伸縮できないタイプ

珍しいのは、グリップが変った形で「手が疲れにくい」がキャッチコピーだった。
けれど、品数が圧倒的に少ない。
見た目がイマイチ?

あとは北海道では需要が高そうな、杖の先に尖ったものが出るやつ。
普段は引っ込んでいる。

折り畳みとか付加機能が付くと、お値段も高くなります。
一番高かったのは39800円。
何が高価なのだろうか。

安いのは10000円を切る。

杖を見ていた老夫婦の言葉。
「ホーマックの方が安いから」
と、買わずに立ち去った。

逆に私はホーマックで杖を見ていない。
1000~3000円位で買えるのだろうか。
値段と耐久性は、比例するのかしら。

けっこう時間をかけて選んでいたけれど。
店員さん、誰も声をかけてくれなかった。
そういうものか。
相談したかったのにな(笑)



ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ




mekkingishi-nurse.hatenablog.jp



www.ryokoblog.com


 


www.ryokoblog.com