昨年から参加させていただいております。
第1種滅菌技師北海道交流会(勝手に命名:笑)

今回は運動会と重なったため、8名の参加でした。
その分距離が近くて話もはずみ、濃い有意義な時間を過ごせました。

第1種滅菌技師の試験に「一発合格」された方がたくさんいらっしゃいます。
私とは知識・実践共にレベルが違いますね。
驚きです。

根本的な知識が、日本や世界のガイドラインの理解からスタートしており、合格してからチマチマと勉強している私とは決定的に違っていると感じました。
為すべきことの「なぜ?」を、とことん追求すると、一発合格は当たり前でしょう。

合格ラインは、点数で決まっているわけではないようです。
私は「80点」で線引きされるのかと思っていましたが。
ある程度の合格者数の枠があり、成績上位から順番に合格となるようです。

その年の成績のバラつきによって、かなり運命に左右される部分がありそうです。

60点台で合格できる場合もあるので、まずは挑戦することですね。

様々な経歴と職種の方々がいらっしゃいます。
中材の管理運営に携わっている方々は、それぞれに苦労がおありでした。

受託業者の方の問題と、医療施設側の問題。
うまく情報交換して、よい解決の方向へ迎えるといいですね。

業務の質を上げるには、まず「業務マニュアル」(作業手順)が重要だと感じました。
受託業者で作成すべきマニュアルができていなかったり、職員の教育が不十分だという問題があります。

自施設で中材を運営している場合にも、詳細なマニュアルが存在しなかったり、計画的な教育が実施されていないのが現状のようです。

どちらも日常業務が繁忙なことと、適切な教育担当者が少ないという要因が強いようです。

北海道中材業務研究会では、初級編の講習を行っていますが、ワンランク上の講習への要望も強く、執行部でも検討中とのことでした。

道外の研究会では、第1種滅菌技師に一発合格できる実績がある講習も存在するようです。

全国にある同じ目的に向かって活動している組織が、それぞれに情報発信・交流し、参加できない人達にも知識を得たり問題解決を模索する場があればいいなと思っています。

行動する⇒情報・刺激を得る⇒発見・充実⇒新たな行動

このサイクルが確実に回っていることを実感しました。


朝のTV番組の占いでしし座が1位になり「新しい事へのチャレンジが運を向上させる」とありました。
私はしし座。
ダーリンが「奥さんは、いつもチャレンジが当たり前だよね」と言いました(笑)

好奇心旺盛。
興味のあることは、とことん知りたい。
でも、興味の対象が限定されていると思うのです。

とりあえずなんでもやってみればいいと思っていますが。




ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ




mekkingishi-nurse.hatenablog.jp



www.ryokoblog.com


 


www.ryokoblog.com