2月3日の捻挫は、思いのほか重症でした。
ひょっとして部分断裂していたかも?
酔っていたからとはいえ、尋常ではない内出血と腫れと痛み。

1ヵ月を過ぎてガッチリ固定の装具を自己判断で中止し、杖もできるだけ使わないようにしてリハビリを開始した。

でも、やっぱりまだ外踝(外側のくるぶし)の周辺が腫れている。
赤黒く色も悪い。
踵(かかと)に体重をかけるのは大丈夫だが、ほんの少しの足関節の角度で荷重しなくても痛みが走る。

全治2ヵ月と言われているが、本当に2ヵ月で治るのかちょっと不安。

靭帯や腱断裂経験者が周囲にけっこういるので、皆から脅される(笑)
半年は用心してね、と。

かばって歩く左足に痛みが出るようになった。
幸い関節ではない。
足の甲の痛み。
第3中足骨幹部の疲労骨折か?と思うような激痛が突如走る。
常時ではないので、おそるおそる歩いているけれど。

痛みは持続しないし、まだ腫れもないので、早めに湿布で対処。
右足をかばう歩き方を改善しないといけない。

からだのどこかに不具合が生じると、その影響があちこちに波及する。
人のからだって、バランスで成り立っているのだなと実感。
歪みが様々な不調の原因になっているのも、うなづける。

打撲による擦過傷も、まだえぐれたままで一部かさぶたが残っている。
挫滅創(ぶつけてできた傷)って、ほんとに治りが遅いね。
表面のすり傷だけなら、10日くらいで完治する。
鋭利な切創(スパッと切れたキレイな傷)なら5日で治る。

右膝の傷の一部に知覚鈍麻(知覚がややマヒしている)がある。
直接皮膚に触っても厚いデニムの上から触られているような感覚。
その知覚の鈍さは、少しずつ改善している。
厚いデニムが綿布くらいになってきた感じ。
まあ、この回復は時間の問題だから気にしない。

左膝には、血腫が板のように固くなって一部残っている。
範囲はかなり狭くなったけれど、最後の2cmくらいがなくならない。
凹んで固くなっていて、触ると痛い。
膝を曲げた時の違和感。

冬だから治りが遅れているんだよ、と言ってくれる人もいる。
年齢的にも、若い頃のような回復力はない。
気長に春を待とう。


ありがとうございます。

嬉しいことがありましたね。
たくさん笑顔になれたでしょう。

今日も、あなたの幸せを願って。

りょうこ

ワクワクして愛される町 砂町銀座商店街 - 砂町銀座商店街 ワクワク楽しむナビゲーション *非公認*ワクワクして愛される町 砂町銀座商店街 - 砂町銀座商店街 ワクワク楽しむナビゲーション *非公認*

ようこそ、砂町銀座商店街の応援ブログへ!略して「砂銀ワクナビ」と呼んでくださいね。砂銀の魅力をお伝えできるよう情報発信していきたいと思っています。「こんな情報も...



366日の誕生色:月別もくじ|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ366日の誕生色:月別もくじ|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ


色に魅せられて 心とからだの秘密 もくじ|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ色に魅せられて 心とからだの秘密 もくじ|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ