昨年の12月から、あれこれ「当たり」まくっております。

先週の土曜日に、酔っぱらってJRに乗る時になぜかグキッと右足首をねん挫しました。
その時はアルコール麻酔が効いていて痛くなかったのですが、まともに歩けません。
階段を上り下りできずに、壁つたいに歩いてエレベーターを使用。

翌朝、足を見てみると、まあものすごい腫れと内出血ではないですか。
足を高くして横になって、鎮痛剤を飲んでいても痛みが緩和しません。
この時、ガッチリ冷やすべきだったのですね。
氷などで、徹底的に冷やすのが原則でした。

日曜日は動けずに1日寝て過ごしました。
トイレに歩くのも精一杯で、好きなコーヒーも飲まずに水分を極力控えておりました。
なのに、炎症のピークである月曜日は、普通に出勤。
ダーリンからは「鬼だな」と笑われました。
午後の手術が終わってから、整形外科を受診しました。
右足の負傷なのに、一人で車を運転。

レントゲンで骨折はなさそうで、靭帯損傷とのこと。
診察室で装具(医療用サポーター)を装着した瞬間に、足首の痛みが楽になったのには驚き!

先生が、楽になったからといって歩き回るんじゃないよ、と言います。
7~8割は完治するけれど、無理をしたら後遺症が残るしリハビリも長引くからと注意されました。

治療の基本は、3日間冷やすことと足首の固定で安静を保つこと。
5日目くらいから、温めるようにして、内出血の吸収を促進し腫れを引かせます。

サポーターを付けてから、腫れが足の甲に流れてきました。
同時に、内出血も足の指やかかと、内くるぶしの周囲へ押し流されてきました。
ぐるりと紫色です。
傷めた外くるぶしよりも、足の内側やアキレス腱のあたりがスゴイ色で痛々しい(笑)

消炎作用もあるので、鎮痛剤も飲み続けています。
そのせいか、血圧が高め。
足が治るまで禁酒中。
さすがに、ダーリンもお酒を勧めることはありません。
「飲んだら、また腫れて痛みが増すよ」
普段、私が患者さんに言っているセリフと同じ事を言われています。

ハンパない腫れと内出血、ずっと続く痛みから、もしかして靭帯が伸びただけではなく部分断裂とかしてるんじゃないかと不安になってきました。

で、いろいろ調べてこんな記事を書きました。

足首の捻挫はサポーターで処置できます - コミュニケーションBLOG足首の捻挫はサポーターで処置できます - コミュニケーションBLOG

先日、右足首をグギッと痛めてしまいました。腫れ、内出血、痛みで整形外科を受診すると「靭帯損傷」(捻挫)とのこと。捻挫してもすぐに病院へ行けない場合、サポーターや...



そうこうするうちに、少しずつ痛みは軽減してきたようです。
まだ普通には歩けませんが、サポーターのお陰で、軽く足首の曲げ伸ばしはできるようになったし、足指の運動もできます。
ふくらはぎの筋力が落ちないように、負荷をかけない運動も行っています。
固定による関節の拘縮と筋力低下を予防するために、早期にセルフリハビリ中。
ギプスだったら、こうはいきませんね。

DSC_1604

去年の12月に買った靴が、偶然足の甲にバックルのあるタイプでした。
このバックルを外すと、サポーターを付けた足がスッポリ入るのです。
すごいですね~。
先見の明というか、神様の采配なのか?
普通の冬のブーツや、バックルの付いていない靴だったら、絶対に無理でしたよ。

本当に、不思議です。


ありがとうございます。

嬉しいことがありましたね。
たくさん笑顔になれたでしょう。

今日も、あなたの幸せを願って。

りょうこ

ワクワクして愛される町 砂町銀座商店街 - 砂町銀座商店街 ワクワク楽しむナビゲーション *非公認*ワクワクして愛される町 砂町銀座商店街 - 砂町銀座商店街 ワクワク楽しむナビゲーション *非公認*

ようこそ、砂町銀座商店街の応援ブログへ!略して「砂銀ワクナビ」と呼んでくださいね。砂銀の魅力をお伝えできるよう情報発信していきたいと思っています。「こんな情報も...



366日の誕生色:月別もくじ|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ366日の誕生色:月別もくじ|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ


色に魅せられて 心とからだの秘密 もくじ|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ色に魅せられて 心とからだの秘密 もくじ|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ