google-site-verification: googlef91170353ec39d61.html

笑顔と涙よ、こんにちは

自分に気づく。そこから行動が変わり、気持が楽になっていきます。ため息は心の深呼吸。ちょっぴり上を向いて笑顔になりませんか?

今週、ちょっとビックリする事がありました。
これまでにも、いくつかあったのですが。

マニュアルに明記されている作業工程が、いつのまにか勝手に省略されていたり違うやり方になっているのです。

わたしは看護師としての自分の本業があって、中材は管理のみという中途半端な位置にいます。
管理とはいっても、実際の現場を監督する訳ではなく、運営会議に必要な資料を作ること、器機の更新や消耗品の購入管理、トラブルの対処しか行っていませんでした。

作業者にはチーフ的な存在の人がいるので、ほとんど任せきりの状態でした。

マニュアルは、作って満足、飾って放置、ではいけない。
そんなことは百も承知のはずです。
でも、現実は違った。

今回の出来事は、まず電話の対応から始まりました。
「何を言っているのかわからないので、電話を回します」
わたしの方が「?」です。

クレームの電話だったのですが、別に込み入った話でもなんでもありません。
「熱水消毒で払い出された器具が錆びている。洗剤の影響だろうか?」
3Fにあるので、取りにに来てほしい。
ただそれだけの電話を、なぜ理解できない???

器具の名前が「リトルジャイアント」です。
おそらく、聞いた事のない変な名前でパニくったのではないでしょうか。
(好意的な推測)

回収した器具を見ると、ボルトとナットの部分が錆びていました。

悲しいのは、そんな錆びた器具を平気で払い出していたことです。

おそらく、医療器具用の材質ではないボルトとナットが使用されているのでしょう。
1つは許容範囲内として返却し、もう1つは除錆処理してから払い出すことになりました。
材質と洗浄の方法について、メーカーに確認してみるそうです。

中材での対処は、

①可能な限り分解して洗浄し乾燥後に組み立てる
②乾燥器に入れる前にできるだけ水分を除去する(タオルドライ、エアガン)
  *エアガンは購入手配中
③工程が変わるごとに錆の状態をチェックする
 (浸漬洗浄後、WD熱水消毒後、電気乾燥機から取り出して払い出す前)
④熱水消毒後に錆があった場合は錆除去を行う

錆除去について質問がありました。
「洗浄剤に漬けても錆が落ちない時はどうしますか?」
これも意外な質問でした。
本来は、ブラシなどで機械的に洗浄することが基本です。
放置して落ちない汚れは、傷のつかないブラシで洗う。
当たり前のことだと思うのは、わたしだけでした。

わたしの方から、錆を除去して再度浸漬洗浄で除錆洗浄剤を洗い落としたら、すすぎの後に防錆剤ミルクを使うことを確認しました。

「何ですか、それ。就職してから今まで一度も使った事がありません。知りませんでした」

これが最大のショック・・・。

退職した前任のチーフから、何も教わっていないというのです。
マニュアルには、ちゃんと処理方法が明記されているのに。
(これは、読んでいるはずという思い込みと言い訳)

このように、いつからそういうやり方に変ったの!?
と、驚くことがたまにあります。

一から教育し直さなければならないのでしょうか。
院内受託責任者の方も、施設内に常勤している訳ではないし。
仕様書に準じた作業マニュアルの作成と指導をお願いしてあります。

現在修理を予定している超音波洗浄器の不具合についても「事実」を正確に伝えることが不足しています。
「黒いピラピラしたパッキンのようなもの」が出てくる。
これで、意味わかりますか?

点検に来たメーカーさんは、ボルトの緩み防止用の白いテープをイメージしていたそうです。

同じ状況が起きたら呼んでね、と頼みました。
呼ばれて見に行くと、どう見てもパッキンなどではありません。
現物を回収して保管し、後日ディーラーさんに渡しました。
その時、メーカーさんの思い込みがわかったのです。

報告も、事実の保存も、言われなければできない。
このような思考と行動は、中材職員に特化した事ではないと思うのですが。

ここで怒鳴ったり怖い顔をしてはいけません。
にっこり笑って「しっかり頼むわよ」と念を押す。
声を掛けやすい雰囲気を維持します。


ありがとうございます。

嬉しいことがありましたね。
たくさん笑顔になれたでしょう。

今日も、あなたの幸せを願って。

りょうこ

flowcare.hatenablog.com



flow-care.com


flowcare.hatenablog.com


flow-care.com

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

先日、キュビズムカット®カット講習会受講者の美容師さんを対象に、ブログ運営の基礎セミナーを行いました。
2期生と3期生が対象です。

1期生の場合は、全員がとりあえずブログを立ち上げていたのに比べて、2期生は半数がブログ経験なしです。

ブログの立ち上げは個別の作業になるので、残念ながら集合タイプのセミナーではそこまでfollowできません。

・ブログがなぜ必要なのか
・ブログは何をしてくれるのか
・ブログが機能を果たしてくれる仕組み

キュビズムカット協会でも、ブログとホームページは個人経営の美容室に必須のこととしています。
今月のエグゼクティブ講習会では、Facebookの友だち1000人を課題にされたそうです。
ブログとSNSの連携も強化しなければなりません。

せっかく世界5ヵ国の特許を有するキュビズムカット®も、ただ技術を持っているだけでは、誰もお店に来てはくれません。
キュビズムカット®を必要としている人へ、その存在を知らせなければ意味がないのです。

ブログも同じです。
どんなに良いコンテンツを毎日投稿しても、読まれなければ価値がありません。
なので、SNSも重要になってくるのですね。

「価値」は、その情報を発信して受け取られ、受け取った人が判断して感じるものです。
必要のない人には、何の価値もありません。
情報が届かなければ無いのと同じ。
興味のない人には、ゴミです。

必要として悩んでいる人に、「ここにこんなものがありますよ」と届けなければ。

読まれる価値あるブログを書くためのコンテンツSEOが、2回目のセミナーになります。
3回目は、ブログの外部SEOについて。
ブログを投稿したら、ちゃんと必要な人に見つけてもらえる仕組みを作ります。

質のよい記事の書き方がわかって、きちんと投稿したら、ちゃんと受け取ってもらえる。
それが当たり前のサイクルを作りましょう。

1期生がブログを真剣に取り組み初めて2年経ちました。
キュビズムカット®の技術が確実に上達し、しっかりと自信を持っています。
お客様も淘汰されて自然に入れ替わり、キュビズムカット®を必要としているお客様は絶対に離れて行きません。
そして、増え続けるのです。
低価格競争から脱却して、価値に見合った対価を受け取ることができるようになっています。

そういう変化が、ブログにも反映されています。
キュビズムカット®スタイリストとしての自信と信念が、力強くブログににじみ出ています。
お客様は、何を知りたいのか。
お客様に、何を知らせたいのか。
それらが見事に一致して、価値ある技術を必要な人に届けられるブログに成長しています。

キュビズムカット協会は、独自の技術と美容室経営のノウハウを独り占めしません。
より多くの美容師さんに伝えることが協会の理念のひとつでもあります。

キュビズムカットを生み出し、理論化して教育するシステムを構築した創始者の田中先生は、今もこれからも更なる進化を遂げています。
キュビズムカット®の理論を体感し容易に実現できるよう開発したクープルキュビ(カッター)でスタイルを造る講習がCコースです。

Cコースを卒業すると、シザース(ハサミ)でキュビズムカット®ができるSコースの講習に進みます。
2期生は、すでにSコースの開催が決定しており、スケジュールも決まっています。

今からブログに取り組めば、Sコースを卒業する頃には、それなりの基盤が整ってきます。
今、行動した人だけが、未来の結果を手にすることができる。
それは、1期生が証明してくれました。

わたしは、自分の得意なこと「書く」「伝える」という部分で、キュビズムカット協会のお手伝いをしています。
講習テキストの改訂にもかかわりました。

門前の小僧、習わぬ経を読み・・・ではありませんが、わたしも「キュビズムカットもどき」をしています。
理屈がわかって、クープルキュビも持っているので、1年以上セルフカットのみです。
最近は、100%天然ヘナも自分でするようになりました。
ダーリンのヘアカットとカラリングも、ずっとわたしがやっています。
子ども達のカットは、2人とも20歳過ぎると美容室に行くようになりましたが(笑)

30年以上お世話になっていた「うやまビューティサロン」様には大変申し訳ありません。

キュビズムカット®で幸せになるスタイリストとお客様が増えることを願っています。

株式会社ウヤマ | 札幌のビューティーサロン


www.cubismcut.com




ありがとうございます。

嬉しいことがありましたね。
たくさん笑顔になれたでしょう。

今日も、あなたの幸せを願って。

りょうこ

flowcare.hatenablog.com



flow-care.com


flowcare.hatenablog.com


flow-care.com

DSC_2643

先日、大きなブリカマを焼いて焼酎の肴に。
ちょっと食べ始めてから、慌てて写真を撮りました。

軽く塩をして焼いたので、中の身は甘くてジューシー。
けっこう脂がのっていましたよ。

お店で買う時に、同じブリカマが3個ありました。
見た目が大きいものよりも、小ぶりの方が重かった。

これは一番重かったやつ(笑)

今まで大きさで選んでいたけれど、ちゃんと重さを比べてみるものだね~。

ごちそうさまです。


ありがとうございます。

嬉しいことがありましたね。
たくさん笑顔になれたでしょう。

今日も、あなたの幸せを願って。

りょうこ

flowcare.hatenablog.com



flow-care.com


flowcare.hatenablog.com


flow-care.com

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ