google-site-verification: googlef91170353ec39d61.html

笑顔と涙よ、こんにちは

自分に気づく。そこから行動が変わり、気持が楽になっていきます。ため息は心の深呼吸。ちょっぴり上を向いて笑顔になりませんか?

DSC_3622


先週の土曜日に、今年1回目の忘年会がありました。

勤務を終えて会場のホテルへ向かいます。

京王プラザホテル札幌です。

宴会の前に記念撮影。

写真室へ移動。

なんと、わたしが最前列の椅子に座ってしまいました。

後ろの端っこでいいのにね。

恐縮です。


DSC_3625


まずはお刺身。


DSC_3627


次がお魚のお料理。


DSC_3628


そして、お肉料理。


DSC_3629


このチャーハンが美味しい。

浅利が入っていて、ダシが効いています。

DSC_3630


DSC_3632


いつのまにか、わたしの所にワインのボトルが・・・(笑)

でもね、ちゃんと別のボトルで注いでくれました。

お客様に手酌をさせるのは・・・と気を遣ってくださったようです。


DSC_3633


そして、デザート。

このケーキ、もう1個食べたかった♪

コーヒーがなかったのが、ちょっと残念。


このあと、ホテル内のバーで二次会。



ありがとうございます。

今日も笑顔になれたでしょうか。

あなたの幸せを祈って。

りょうこ





flow-care.com



flow-care.com



flow-care.com




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

DSC_3613



釧路の実家から送ってきました。

釧路にある加工場の「ウロコボシ」製のタラコです。


DSC_3612



ホームページはSSL化されていませんので「ウロコボシ」で検索するか、下記のURLを検索ボックスにコピペしてくださいね。

http://urokoboshi.co.jp/index.html


北海道のたらこは、虎杖浜産の物が有名です。

スケソウダラの漁獲地域が違うのと、製造工程に各社の秘密があるようです。

わたしは、ずっと釧路のたらこを食べてきたので、これが大好きです。



ところが、ウロコボシのたらこは、釧路市も含めて札幌でもほとんど小売りされていません。

たまにスーパーに並ぶことがある程度です。


運よく母が買い物の時に見つけると、買って送ってくれます。


たらこがあると、他におかずがなくてもご飯が進みます。


幸せなひととき。


筋子は、醤油漬けが大好きです。

今の時期は生の魚卵を買ってきて、自分で醤油漬けのイクラを作って食べるのが最高です。

でもね、去年から鮭の不漁が続いており、普段は100g198円まで値下がりするのに、昨年からは600円以下にはなりません。

型のいいものは800~1200円と例年の倍近い高値で売られています。


それでも、何度か買って作りましたけどね。


実家や友達に送ることができません。


漬けダレは、醤油:みりんが「2対1」の割合です。

みりんの甘さが苦手な場合は、煮きり酒(沸かしてアルコールをと為したお酒)でもOK。

醤油の配合は、各家庭でオリジナルのレシピがありますね。


わが家は、めんつゆ、牡蠣醤油、白だし醤油等をブレンドして作ります。



イクラをほぐすコツは、60℃のお湯でもみ洗いすること。

こし網も不要です。

ほぐした魚卵は、よく水洗いします。

お湯でほんのり白く変色していますが、煮えたわけではないのでご安心を。

ひとつまみの塩で混ぜると、一瞬でキラキラに輝くイクラにします。


十分に水を切って、醤油だれと合わせます。


イクラと漬けダレの割合は、8対2~1くらいですね。

蓋付の瓶などに入れるので、イクラが浮いて漬けダレが底の方に1~2割ある状態です。

容器には少し空間を開けておきます。

一晩漬けると、翌日から美味しく食べられます。


漬けダレを含んでイクラが一回り大きくプリプリに膨らんでいます。

味を見て、漬けダレが足りないようなら少し足しましょう。

漬けダレが多すぎるとしょっぱくなるので、加減をしてください。




ありがとうございます。

今日も笑顔になれたでしょうか。

あなたの幸せを祈って。

りょうこ





flow-care.com



flow-care.com



flow-care.com




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

先日お邪魔したキュビズムカット協会の本部講習会でお渡ししたセミナーのテキストが、お役に立てたようで嬉しいです。


DSC_3611



ご自分で講習会のフライヤー(チラシ)を作りたいとのことで、わたしがこれまでに作成したWordの原稿を全部お渡ししました。

それを利用して写真と文言を一部修正すれば使えるのでは、ということで。



新しいことに挑戦し、まず「自分でやってみる」という行動は、大きな力になります。



Wordで作成する場合のポイントは、次の通りです。

①挿入画像の加工:人物の背景処理

②挿入画像の移動方法

この2つがわかれば、何とかなるでしょう。


全体の背景は四角のオブジェクトを挿入して、色と大きさを調整します。

または、写真やイラストでもかまいません。



テキストボックスや写真が背景のオブジェクトの上に来るようにします。

オブジェクトを右クリックして、最背部に設定すればOKです。



Excelに挿入した人物画像の「背景を削除」で加工します。

「残すマーク」(+)と「削除するマーク」(―)を使って加工します。

出来上がったら加工した画像を「変更を保存」で確定します。



次に「名前をつけて保存する」し、保存先を「web」に指定して「保存」します。



この時、確認のコメントと音が出ますが、ビビらなくても大丈夫!

「はい」をクリックして「保存」しましょう。



保存したファイルではなく「丸いマーク」の方をクリックすると、画像が表示されます。

表示した画像を右クリックで「名前をつけて保存」します。

これで、挿入画像の完成です。




作成したフライヤーを北海道から兵庫県で確認してもらうには、Wordのデータを画像データに変換しなければなりません。

自分で印刷用にPDFにも変換できます。

PDFは、LINEやFacebookには添付できないのですが、画像データに変換すると添付が可能になり簡単に確認ができます。



修正等があれば、何度かやりとりして完成となります。

あるいは、Wordをメールで送り、ご自分で修正していただくことも可能ですね。




印刷は、わたしはラクスルに依頼しています。

その際の入稿データは、ラクスルのWordのテンプレートで作成します。


WordyとExcelが使えれば、ペイントソフト等を使わなくても、素人のレベルでフライヤーが作れます。



さあ、あとは実際にやってみるだけですね。

頑張ってください!






ありがとうございます。

今日も笑顔になれたでしょうか。

あなたの幸せを祈って。

りょうこ





flow-care.com



flow-care.com



flow-care.com




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ