google-site-verification: googlef91170353ec39d61.html

笑顔と涙よ、こんにちは

自分に気づく。そこから行動が変わり、気持が楽になっていきます。ため息は心の深呼吸。ちょっぴり上を向いて笑顔になりませんか?

DSC_3101

今朝、ばあちゃんからおすそ分け。

義妹の夫の友人から送ってきたサンマを、今朝届けてくれたそうです。


脂がのってお刺身でもいけそうなサンマ。


頭とワタを除いて軽く塩を振り、冷蔵庫へ。

今夜の夕飯だな。



今年の初サンマは、少し前にいただきました。

サンマが豊漁なので、1尾100円前後の安値。

何日かスーパーに寄ったのですが、夕方にはサンマは完売続き。



週末の買い出しで、ようやくゲットして食べましたよ。
(台風と地震の前にね)




ありがとうございます。

嬉しいことがありましたね。
たくさん笑顔になれたでしょう。

今日も、あなたの幸せを願って。

りょうこ

flowcare.hatenablog.com



flow-care.com


flowcare.hatenablog.com


flow-care.com

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

職場では、はっきりと目に見えて節電に取り組んでいます。

廊下の照明の間引き、室内は半分消灯、夜の玄関先や駐車場の外灯も消灯。

いたる所で節電の徹底。

日ごろから、不在時はこまめに消灯しているし、使っていないものはコンセントを抜いてある。

あと頑張るところは、定時帰宅だな。


職場のトイレは以前から人感センサー。

LED化も進んでいる。


外灯は道路の除雪の目印のように、ソーラーシステムと蓄電池をセットにして欲しいところ。

暗いスロープを降りて真っ暗な駐車場をあるく歩くのは怖いから。

そうか、懐中電灯を持って歩けばいいのか。



当たり前になっていることは、たまに意識にのぼってもパッと判断がつかない。

停電の時、「ガスでご飯を炊く」という発想があるかないか。


わたしは、リフォームしたキッチンセットにガスの炊飯モードがあるので、一度使ってみたいと思っていた。

ばあちゃんが、炊飯器が使えなくてご飯が炊けないとぼやいていたので、ガスで炊けるよと教えてあげた。

すると、さっそく土鍋を持ち出して、いそいそと1合炊き始めた。

釧路の実家に電話した時も、炊飯器が使えないと言うので、ガスで炊けるよと教えてあげた。

昔は無水鍋でご飯を炊いていたのにね。



無水鍋も水やガスの節約になる。

圧力鍋も、ガスと水の節約になる。




ダーリンは、小型の発電機を買うと張り切っている。

燃料も多少は備蓄するようだ。

このたびは缶が空だったけれど、冬は除雪機を使うのでガソリンをストックしてある。



ソーラー発電が魅力的だと思うが、ダーリンは必要ないという。

夜や悪天候に対応するには、それなりの蓄電池が必要。



カセットコンロのボンベをダーリンが職場に持って行った。

何に使ったのかは知らないが、現物で返してくれた。



今回学んだことを、忘れないようにメモしておかなければ。

いずれ・・・ではなく、今からできることを少しずつ。



物流が滞っているので、無理な物もあるけれど。

できることを少しずつ。




ありがとうございます。

あたりまえに感謝して。
たくさん笑顔になりましょう。

今日も、あなたの幸せを願って。

りょうこ

flowcare.hatenablog.com



flow-care.com


flowcare.hatenablog.com


flow-care.com

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

朝晩の冷え込みが続きます。

羽毛布団にくるまって寝てちょうどいい季節になりました。

一時増えたトンボの群れが、いつのまにか少なくなってきています。



台風と地震に耐えた稲穂は、まだ青さが残っています。



冷蔵・冷凍品がほとんど補充されないままのスーパーやコンビニ。

電池は売り切れ。

あまり頻繁に買い物には行きませんが。

地震直後の行列には、どこにも並びませんでした。



乾麺と味噌は補充した。

米はある。

しかし、停電すると精米機が使えないので、玄米のまま圧力鍋で炊いてみよう。

吸水は24時間以上。

水加減が問題かな?



とりあえず、1週間分ずつ精米しておく。



根菜類は常温で日持ちするので、大丈夫。

トマトをどうしよう。

一度に食べきれない量がある。


冷凍は、停電したらアウト。

ドライトマトで保存が利くかしら?



ペットボトルの水は、何日ごとに入れ替えればいいのだろう?



まだ復旧の進まない被災地では、風邪が流行ってきているらしい。

すでに防寒対策が必要な季節になっている。

防寒。

体温を奪われない工夫。



夕べは揺れを感じずに眠れた。

朝方夢を見た。


この不安感は、すでにPTSDの様相を呈していると思う。

ほぼ普段通りの生活に戻っていても、恐怖がなくならない。

ましてや、不自由な避難所でたくさんの余震に怯える生活は、体だけでなく心にも大きなダメージを与え続ける。


体の疲れは、環境と時間が癒してくれる。

でも、心の疲れはどうしたらいいのだろう。



救援物資は足りているそうだ。

足りないものは、何だろう。




ありがとうございます。

嬉しいことがありましたね。
たくさん笑顔になれたでしょう。

今日も、あなたの幸せを願って。

りょうこ

flowcare.hatenablog.com



flow-care.com


flowcare.hatenablog.com


flow-care.com

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ