google-site-verification: googlef91170353ec39d61.html

笑顔と涙よ、こんにちは

自分に気づく。そこから行動が変わり、気持が楽になっていきます。ため息は心の深呼吸。ちょっぴり上を向いて笑顔になりませんか?

7月16日は家族の誕生日でした。
私の姪っ子が勤めているカフェでお祝いのランチを。

素敵なバースデープレートです。
カフェは2階なのですが、1階がショップになっています。
オリジナルのケーキの中から好きなものを選んでカフェでオーダーできます。

image


image



2016年3月にオープンしたばかりのお店ですが、雑誌に掲載されていました。

image







私はローストビーフ丼

image








チーズとハムをサンドしたフレンチトースト

image









熱々のドリア

image








店内は、コーナーごとに雰囲気が違います。
私たちが座ったのは、ゆったりとくつろげるソファー席。

image





家ではお花を飾りました。
夕飯は、大きなエビのエビフライ山盛り(笑)
リクエストで出し巻き卵を全員につけました。
久しぶりに卵焼きを作った。
これも、ご馳走になるのですね。

image






























私の好みで選んだお花で生けています(笑)









家族でお誕生日をお祝いできるのは、幸せな事です。
生まれてきてくれたことに感謝。
ほんとうに、ありがとう。


ありがとうございます。
嬉しいことがありましたか?
何回笑顔になれたでしょう。
今日も、あなたの幸せを願って。
りょうこ


7月18日誕生色 ローヤルパープル #7f1184|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ7月18日誕生色 ローヤルパープル #7f1184|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ


7月18日 愛と励ましの言葉|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ7月18日 愛と励ましの言葉|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

あなたは、自分のサイトやSNSで「何を発信したらいいのかわからない」と思っていませんか?
TwitterやFacebookで、何をつぶやけばいいのか。
わかっていない人が、実はものすごく多いのです。

書く理由や目的がなくても、そりあえず「発信」のようなまねごとはできます。
誰にだってできるのです。

ただやっているだけの人と、目的を持って効果を測定しながら「情報発信」している人とは、明らかに違うと思いませんか?

趣味で楽しむだけの個人的な情報発信でもいいのです。
そこにクォリティを付加すれば、あなたの情報の価値が上がります。



ありがとうございます。
嬉しいことがありましたか?
何回笑顔になれたでしょう。
今日も、あなたの幸せを願って。
りょうこ

7月17日誕生色 サルビアブルー #6b76ae|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ7月17日誕生色 サルビアブルー #6b76ae|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ


7月17日 愛と励ましの言葉|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ7月17日 愛と励ましの言葉|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

若いお嬢さんが、泌尿器科ではなく内科を受診して、排尿痛と残尿感を訴えることがよくあります。

そんな時には、そっと耳打ちしてあげるのです。

「エッチの後は、すぐにおしっこしてシャワーでしっかりと洗い流しましょう」

それだけで、膀胱炎はほとんど予防できます。
何度も繰り返してお困りの方は、ぜひお試しを。

なぜ不潔なエッチで、女性だけが膀胱炎になるのでしょう?

それは、生理的なからだの構造に原因があります。
男性の尿道の長さは16~20cm、それに対して女性は4~5cmと短いのです。
したがって、大腸菌などの細菌が簡単に膀胱内へ侵入してしまうのです。

エッチの後の膀胱炎は、大腸菌の感染が原因の場合がほとんどです。

大腸菌がいる腸の中は、たくさんの種類の腸内細菌が何億個も共存しています。
そのせめぎ合いの中で、微妙な勢力争いが繰り広げられており、バランスが保たれているわけです。

ところが、膀胱の中は無菌状態。
そこへ侵入した大腸菌は、まったく敵が存在しない増殖天国。
あっという間に爆発的にふえていきます。

膣は酸性の分泌物で自浄作用がありますが、膀胱は「水と栄養と適温」で絶好の細菌培地になるわけです。

この感染を防ぐには、エッチが終わったら余韻に浸っていないで、さっさとトイレに行く
同時に、シャワーで局所を洗う
(便器の洗浄機能も可)

これって、大事なエチケットですよ。

排尿は、物理的に尿道内の大腸菌を体外へ洗い流すので、最も効果的な予防法です。
更に、おまたに大量に付着して増殖している大腸菌も洗い流しておけば完璧!

男性は、コトが終わったら、先に女性にシャワーをすすめてください。
トイレに行くのが恥ずかしくても、シャワーで流しながら、おしっこしちゃえばいいのです。

不覚にも膀胱炎になってしまったら、我慢していないですぐに病院へ行きましょう。
抗菌剤で菌をやっつけないと治りません。
泌尿器科を受診して導尿で尿検査されるのが嫌な場合は、内科でもかまいません。

病院へ行くまでの期間は、とにかく水分をたくさん摂って膀胱の中を洗い流しましょう。
冷やさない。
安静にする。
おしっこを我慢しない。

抗菌剤で大腸菌を駆逐しても、炎症の後遺症で膀胱の粘膜が過敏になっていて、トイレが近くなっています。

そんな時も、我慢しないで病院へ行きましょう。
膀胱の緊張を和らげる別の薬を出してくれます。
そうしないと、スッキリしないことが多いのです。

女性だけがリスクの高い膀胱炎。

お気をつけあそばせ。


ありがとうございます。
嬉しいことがありましたか?
何回笑顔になれたでしょう。
今日も、あなたの幸せを願って。
りょうこ

7月16日誕生色 ファウンテンブルー #94adda|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ7月16日誕生色 ファウンテンブルー #94adda|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ


7月16日 愛と励ましの言葉|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ7月16日 愛と励ましの言葉|言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ