遅ればせながら、日本環境感染学会の入会申し込みをしました。

学会ホームページをあちこち探して、なかなか入会案内を見つけられず苦労しました(笑)

メニューバー右端の「事務手続」のプルダウンメニューにありました。

普通は、というか利用者からすると「入会案内」がサイドバーや見やすいところにあるはずだと思うのよね。

会員を積極的に増やそうという欲がないのかしらね。


日本医療機器学会の年会費は8000円。
こちらは9000円。
ゆくゆくは10000円の時代がくるのかな?

原著論文投稿の準備です(笑)
まだ論文できていないのに。


話は変わりますが、医療機器学会誌6が届きました。

「特集:ISO/TC198(ヘルスケア製品の滅菌)に親しむ -国際規格に基づいた日常業務を目指して-」
これがとても面白いです。
2016年、2017年に次いでの特集です。
キーワードは「日常業務」ですね。
滅菌の質保証が、日常業務の中にどのように組み込まれるべきなのか。

難しいことや理想論ではなくて、現場で実践できることが大前提でしょう。

WG1:エチレンオキサイド滅菌に関する話題
WG3:湿熱滅菌
WG4:バイオロジカルインジケータの国際規格作成に関する活動
WG6:化学的インジケータの規格制定の経緯および現状
WG7:医療機器包装規格に関する最近の動向
WG13:洗浄消毒装置(washer-disinfectors :WDs)に関するISO国際規格(ISO 15883)の意義と活用法 -東大病院における経験-
WG16:過酸化水素を用いる低温滅菌法

日本医療機器学会の国際委員会で1~16のワーキンググループに分かれて取り組んでいる活動報告です。
国際水準と日本の現状との課題を検討しています。
ISO/TC198世界大会の日本招致にも取り組んでおり、滅菌供給業務世界会議に次いで日本で開催されることを切に望みます。

日本開催が叶えば、必ず参加しますよ!




ありがとうございます。

今日も笑顔で過ごせたでしょうか。

あなたの幸せを願って。


りょうこ




mekkingishi-nurse.hatenablog.jp



www.ryokoblog.com


 


www.ryokoblog.com