google-site-verification: googlef91170353ec39d61.html

笑顔と涙よ、こんにちは

自分に気づく。そこから行動が変わり、気持が楽になっていきます。ため息は心の深呼吸。ちょっぴり上を向いて笑顔になりませんか?

また、ちょっと不快な電話が。

別に怒ったり文句を言った訳ではないけれど。
そんなの、どうでもいいじゃない、な~んて言わないでくださいね?

職場公認の副業(北海道の嘱託職員)の電話でした。
8~9月の2ヵ月分のシフトの希望は、早々に提出してあります。
その提出物に関して。

当番ができない日には✖、可能な日には〇をつけるのですが、わたしは基本的に月に1回しか当番しないので、たくさんの✖は省略しています。
それで何年もやってきたのに。

今年度から担当になった青年からの電話。
「さきほど、メールした件なのですが」
まだメールはチェックしていません。
「当番表に✖がついていないのですが、当番できない日はいつでしょうか」と。

そこでちょっとムッとした。
で、いちいち✖は書いていませんと返答。

すると、
「ちなみに、9月21日の勤務は可能でしょうか」

予定を確認すると、今のところはOK
その日に当番可能な人が誰もいなくて、わたしに電話したらしい。

だったら、最初からそう言ってよね!
「9月21日に当番可能な方が1人もいないのですが、ハタさんにお願いできますでしょうか?」ってさ。

9月28日がわたしの希望日だったので、28日に当番できる人はいるの?と尋ねたら「います」と。
だったら、28日を21日に変更しいてもいいわ。

電話が終わってからメールを確認。
すると、8月4・5日と9月21日の3日のうち当番可能な日はありませんか、となっていた。
8月分は、やりくりがついたんかい。

本業に支障があるので、基本的に日~木曜日の当番はしない。
金曜日と休前日限定。
土日は家族との貴重な時間&わたしの休養日だから働かない。
いつも月末の金曜日:プレミアムフライデーと決めている。
わたしも個タクさんも、予定を忘れないから(笑)

なのに、火曜日に突然職場へ電話がきて「今夜の当番」を懇願され、仕方なく受けたことがある。
子ども達の夕飯とか何も用意していないので、ダーリンにお願いしたよ。

新人のお兄ちゃん、大丈夫?。

わたしの想像力が足りなくてムカついちゃったけど。
コミュニケーションって、難しいね。

そのお兄ちゃんとは、まだ面識がない。
でも、職場の連絡ノートで、お兄ちゃんの誤解を指摘したことがある。
自分では絶対にできない大風呂敷を広げてるし。
直属の上司に相談したり報告してるのかな?と、内心いぶかしく思っている。

そういう先入観が、思いやりのない対応につながっているのだと反省。

未熟者だな。


ありがとうございます。

嬉しいことがありましたね。
たくさん笑顔になれたでしょう。

今日も、あなたの幸せを願って。

りょうこ

flowcare.hatenablog.com



flow-care.com


flowcare.hatenablog.com


flow-care.com

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

1泊2日で、愛媛県宇和島へ視察に行ってきたダーリン。

昨夜、無事に帰宅しました。

電話でも聞いていたが、報道されている以上に悲惨な状況だったとのこと。

水道が使えず土砂崩れで困っていたのは、山間部だけで、市街地は普通に生活できていたという。

市内とは独立した水道が使えなくなっているので、水の支援が必要らしい。

単なる「視察」であり、市役所の中はピリピリしていて、予想通り迷惑だったように感じる。

視察目的の出張なので報告用の写真を撮るのだが、それも怪訝そうに睨まれたらしい。

現地で何が必要なのか。
色々なSNSでも、被災者が直接情報発信しており、その情報が拡散されている。

これまでのボランティア活動から、ボランティア自身が自活できる前提が重要だと学んだ。
善意の押し付けではなく、必要な物資を必要な所へ届ける。
復旧作業を手伝う。

配食、給水、入浴、衣類、眠れる環境、心のケア、暑さ対策、熱中症対策、医薬品。
寸断された道路の復旧。
移動手段は。

情報を共有するネットワークの構築が必要だが、ライフラインが途絶え電波も使えなければ、SOSを出すことすらできなくなる。

防災無線や衛星通信など、災害時に機能する通信手段が必要。

北海道は、このような災害対策がまったくできていない。
どこに災害対策本部を設置するのか。
通信手段も何もないまま、連絡網すら整備されていない。

これだけ広域な地域で、まして冬期間に災害が発生したら寒さに耐えられず死者が何倍にもふくれあがる。
救助を待つ時間的余裕すらないのだ。

水と食料を備蓄することが対策ではない。

ダーリンは、わたしよりも早く起きて、パークゴルフへ出かけて行きました。



ありがとうございます。

嬉しいことがありましたね。
たくさん笑顔になれたでしょう。

今日も、あなたの幸せを願って。

りょうこ

flowcare.hatenablog.com



flow-care.com


flowcare.hatenablog.com


flow-care.com

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

すべてを退職したスタッフのせいにする訳ではないが。
そう言いたくなることが、ポロポロと出てくる。

歯科には、サージカルステンレス素材以外の器具が多数使われている。

その中で、特に錆びやすいものがある。
種類はそう多くはないのだが、特別なメンテナンスをしなければ錆びて悲惨な状態になってしまう。

錆除去専用の洗浄剤を使っているが、その最終仕上げに潤滑防錆剤で処理しなければ、錆は洗うたびに増えてゆく。
そのうち、金属が腐食して使えなくなる。

潤滑防錆剤のストックが3本もあるのに、何年も使っていなかったという事実が最近判明した。
いつ、なぜ最終の防錆処理工程が省略されてしまったのかは、わからない。
(それも問題だが)

正しい処理方法を指導したら、潤滑防錆剤の購入伝票がきた。
3本もストックがあるのに?

1年以上前に使用期限切れになっていたので買ったそうだ。
かつては使っていたから、3本も購入してあった。
なのに、ずいぶん前から使わなくなったのは、なぜなのだろう?

面倒臭い?
いつの間にか、手抜き?

けれど、錆の防止処理をしなければ、自分達の錆取り作業はエンドレスに続く。
その方が、手間がかかるのだが。

きちんと錆びを取って防錆処理をすれば、かなり錆は防げる。
そうすると、洗浄後に潤滑防錆剤を追加するだけで、錆は予防できるのだ。

わたしは、ウォッシャーディスインフェクター(医療器具専用自動洗浄器)に、潤滑防錆剤のタンクを取り付けていない。

潤滑防錆剤は必要ない器具が9割以上を占めているので、経費の無駄を削減している。
ただし、限られたごく一部の器具は、注意して点検し錆に対する処置が必要になる。

きちんと錆びを除去して防錆処理をした器具は、通常の洗浄後に防錆処理だけを追加して、錆のない状態を維持できる。

そのことは口頭で説明したが、マニュアルには記載していなかったことに気づいた。
わたしの中のたくさんの当たり前のことが、素人にはわからない。
教わらなければわからなくて当然。

できるだけすべての内容をマニュアルに網羅しなければ。
そして、書いてあるだけでは役に立たない。

マニュアルがあることの周知。
何が書いてあってなぜ必要なのか説明。
定期的に目を通して確認する。

これができない。
スタッフにストレスを与えずに、マニュアルを活用する方法を考えなければ。

わたしが居なくなってもきちんと機能するように、委託業者を変更して業務の見直しを進めている。
2020年3月の定年退職をゴールに設定していたが、もしかすると、それよりも早く退職する可能性が出てきた。
(健康上の理由だが、たぶん大丈夫だと思う)

そう考えると、のんびりもしていられない。
優先順位を考え直して、必要なことから片付けていかなければ。

やりたいことがたくさんあり過ぎる。
欲張りだな(笑)



ありがとうございます。

嬉しいことがありましたね。
たくさん笑顔になれたでしょう。

今日も、あなたの幸せを願って。

りょうこ

flowcare.hatenablog.com



flow-care.com


flowcare.hatenablog.com


flow-care.com

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ