google-site-verification: googlef91170353ec39d61.html

笑顔と涙よ、こんにちは

自分に気づく。そこから行動が変わり、気持が楽になっていきます。ため息は心の深呼吸。ちょっぴり上を向いて笑顔になりませんか?

DSC_1994

これも、石狩市厚田漁港のタコ足。
このデカさで700円。
市販の半額以下です。

同じ朝市にタコ足を販売している商店はいくつかありますが、買うお店は決まっています。
茹で具合と塩加減が、お店によってぜんぜん違うのです。
わたしとダーリンの口に合うのは、そこしかありません。
値段は同じですが味と食感が違うので、一番おいしいものを買いますね。

6月に入って海水温が上がってくると、タコが壺に入らなくなるそうなので、夏までの期間限定のタコ足です。
10ヵ月ぶりの美味しいタコ刺しに、大満足。
ああ、なんというしあわせ。


ありがとうございます。

嬉しいことがありましたね。
たくさん笑顔になれたでしょう。

今日も、あなたの幸せを願って。

りょうこ

flowcare.hatenablog.com



flow-care.com


flowcare.hatenablog.com


flow-care.com

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

DSC_1996

4月から石狩市厚田漁港の朝市がオープンしているそうです。
日曜日は雨降りで、パークゴルフに行けないダーリンが、わたしがまだ寝ているうちに出掛けてきました。
これまでに何度も買っているヒラメですが、過去最大級です。
重さを計らなかったのが残念(笑)
でもね、定規を置いて写真を撮りましたよ。
60cmあります。
肉厚でズッシリ。

DSC_1997

贅沢に切りました。
4枚におろしたので、1枚はばあちゃんへおすそ分け。
生チラシに使った残りは、昆布〆にしたそうです。
残りの2枚は冷凍。

大量のアラ煮もできました。
御頭がデカい。
骨に残った身もしゃぶります。
煮てもパサパサしない脂のノリのよさ。

この日はヒラメは、これ1尾のみ。
雨でお客さんが少なかったので、手に入りました。

普通に買えば5000円はする大きさのヒラメちゃん。
活〆にしてあるので鮮度バツグン。
歯ごたえがあって甘みが何ともいえない濃厚なお味。

数時間前までは生きて泳いでいたヒラメですから。
贅沢ですね。

お値段は、驚きの2000円。
嘘でしょ!?

ああ、なんという幸せ。

厚田に道の駅がもうすぐオープンするそうです。
そこでも海産物は購入できますが、漁港の朝市とは別物だそうです。
よかった~。
6月までは、朝市に行きますよ。


ありがとうございます。

嬉しいことがありましたね。
たくさん笑顔になれたでしょう。

今日も、あなたの幸せを願って。

りょうこ

flowcare.hatenablog.com



flow-care.com


flowcare.hatenablog.com


flow-care.com

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

DSC_1986

イオンの道産デーの本命は、蟹さんでした。
土曜日の朝のTVで紹介されていたので、行って来ました。

でも、
TVで紹介されていた特大1パイ3000円(税別)の毛蟹は1個しか残っていなくて、
しかも、TVで中身を割って見せていたものとは、明らかに大きさが違っていました。

TVで見たサイズは、どう見ても5000円の蟹です。
ちょっとガッカリ・・・。

でも、2000円で活蟹を売っていました。
小ぶりですが、茹でたてを食べられるのであれば、2500円の茹でてある蟹よりもずっと美味しい♡
期待は裏切られましたが、ラッキーです。

DSC_1989

蟹さんを茹でる時は、甲羅を下にして茹でます。
そうすると、味噌や脂の流出が少なくて済みます。

DSC_1991

茹で上がった蟹さんは、少し冷めるまで待ちます。
慌てて食べるとヤケドするので(笑)
触れる温度になったら、温かいうちに頂きます。

DSC_1992

味噌がたっぷり。
身もしっかりと詰まっていて、白い脂も濃厚。
流氷が持ってきたプランクトンをたっぷりと食べて、冬期間漁ができない間に成長します。
海明けの今の時期の毛蟹が、最高に美味しい旬を迎えます。

夏の蟹は、脱皮直後の若蟹が安く出回りますが、浜ゆでの大き目のものはそれなりにお値段も高くなります。

冷凍物は、ほとんど買いません。
浜茹で直送か、自分で茹でるのが一番。
ああ、しあわせ。

イオンの売り場では「素手で触らないでください」と怖いおばちゃんが厳しくチェックしていました。
紫色の使い捨て手袋が用意されています。
いつからそうなったのかわかりませんが、確かに不特定多数の人の手の常在菌が繁殖した蟹はぞっとしますね。
どうして今まで、そういう取扱がなかったのかしら。



ありがとうございます。

嬉しいことがありましたね。
たくさん笑顔になれたでしょう。

今日も、あなたの幸せを願って。

りょうこ

flowcare.hatenablog.com


flow-care.com


flowcare.hatenablog.com


flow-care.com

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ